キャスト

「ジュラシッ・パーク」「E.T.」スティーブン・スピルバーグ

1946年12月18日、アメリカのオハイオ州シンシナティ生まれ。カリフォルニア州立大学在学中に映画界入りし、テレビ映画「激突」('71)で認められる。「JAWS/ジョーズ」('75)をきっかけに「未知との遭遇」('77)や「E.T.」('82)、「ジュラシック・パーク」('93)などを大ヒットさせ、ハリウッドを代表するヒットメーカーとなった。
「シンドラーのリスト」('93)と「プライベート・ライアン」('98)でアカデミー監督賞を受賞。また、製作者としても「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 ('85)や「SUPER8/スーパーエイト」('11)などの大ヒット作を手がけている。近年は「フォーリング スカイズ」や「SMASH」などTVドラマの製作にも意欲的。2013年4月19日日本公開の監督作「リンカーン」が期待を集める。

「24 -TWENTY FOUR-」ジョン・カサー

1958年4月27日、マルタ島生まれのカナダ人。'90年代より「ニキータ」や「デッド・ゾーン」など人気ドラマの演出を手がけ、製作にも携わった「24 -TWENTY FOUR-」ではエミー賞の監督賞に輝いた。

— インタビュー・コメント —
犯罪ドラマにも医療ドラマにもお手本というものがある。でも、「TERRA NOVA/テラノバ」みたいなドラマはこれまでに存在しなかった。まさに前人未到の挑戦なんだよ。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」ピーター・チャーニン

1951年5月29日、アメリカのニューヨーク州生まれ。映画会社や制作会社の重役を歴任後、ニューズ・コーポレーションの社長兼CEOを長年務め、世界で最も力のあるメディア経営者の一人と呼ばれる。現在は自身が設立したメディア企業グループTCGの会長とCEOを兼任。その傍らで、映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」('11)やTVドラマ「TOUCH/タッチ」などを製作している。


「ミッション:インポッシブル2」ブラノン・ブラーガ

1965年8月14日、アメリカのモンタナ州生まれ。'90年よりTV「新スター・トレック」の脚本を担当し、「24 -TWENTY FOUR-」の脚本と製作にも参加。映画「M:I-2」('00)の原案も手がけた。

— インタビュー・コメント —
本作は全編に楽観的なムードが貫かれている。最近はシニカルで現実的なドラマが多いようだけど、これは逆にとても前向きで楽しい作品なんだ。

「キャッスル」「4400」レネ・エシェヴァリア

舞台の俳優兼脚本家を経て、テレビの世界へ。「スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン」や「キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き」、「4400 未知からの生還者」、「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」などで製作総指揮と脚本を兼任している。

— インタビュー・コメント —
「TERRA NOVA/テラノバ」はとにかくスケールの大きな話なんだけど、単なるSFドラマなどでは決してない。最上級のファミリー・アドベンチャーなんだ。