EPISODE エピソード

第1話 ローマの敵

スパルタカスIII ザ・ファイナル
グラベルを破ったスパルタカス軍は、各地で解放した奴隷を次々と仲間に迎え、勢力を拡大していた。一方、元老院はそれに太刀打ちする金銭的な余裕はなく、不本意ながらも大富豪マルクス・クラッススに協力を求める。スパルタカス打倒に野心を燃やすクラッススは、なぜか名ばかりの戦闘指揮権を条件に1万人の増援を出すことに応じる。

第2話 前門の狼

スパルタカスIII ザ・ファイナル
スパルタカスは奴隷たちの飢えと寒さを凌ぐために、城壁の街シヌエッサの奪取を決意。しかし街に入る際に厳しい検閲があり、武器は没収されてしまう。そこで商人に扮して潜入し、街の鍛冶屋に武器を作らせるという計画を立てるが……。一方、狡猾な手段でスパルタカス討伐の真の指揮権を得たクラッススは、幾度の戦で名を轟かせたカエサルに協力を仰ぐ。

第3話 取引

スパルタカスIII ザ・ファイナル
城壁の街シヌエッサを手に入れたスパルタカス軍だったが、造営官が穀物に油を撒いたせいで食糧が不足していた。だがこの状況でもスパルタカスは捕らえたローマ人に食料を与えていて、アグロンたちの不満は募るばかり。そんな中、ヘラクレオという怪しげな男が率いる海賊たちが街を訪ねてくる。スパルタカスは彼らと食料売買の交渉を進めるが……。

第4話 極刑

スパルタカスIII ザ・ファイナル
スパルタカス軍はヘラクレオとの食料売買を開始するが、ローマ人が冬に備えて貯蔵し始めたため、思うように必要量が手に入らない。そんな中、街には逃亡奴隷が次々と押し寄せる。その混乱に乗じて街へ入ってきたのは、奴隷に扮したカエサルだった…。一方、クラッススは指揮官の命令に背いて退却した兵たちを戒めるため、厳しい罰を与えようとしていた。

第5話 血の絆

スパルタカスIII ザ・ファイナル
ローマ人捕虜の扱いを巡ってスパルタカスとクリクススは対立を深め、奴隷たちも分裂し始めていた。しかし大勢の反対を押し切り、スパルタカスはローマ人捕虜を解放してしまう。一方、今まで進撃していなかったクラッススだったが、解放された造営官の妻からスパルタカス軍の次の動向を聞き、ついにシヌエッサ奪還のために動き出す!

第6話 戦利品

スパルタカスIII ザ・ファイナル
クラッスス率いるローマ軍が、シヌエッサ奪回のために進軍する。何とか逃げ切ったスパルタカスたちだったが、街はローマの手に戻ってしまう。大勢のクラッススの兵が街を占拠する中、逃げ遅れたガンニクスは、彼に思いを寄せるシビルと共に小屋の床下に身を潜めていた。その頃、広場では囚われた者たちの虐刑が始まろうとしていた……。

第7話 死の刻印

スパルタカスIII ザ・ファイナル
クラッススは私心を抑えて宴を成功させた息子ティベリウスの功績を称え、自分の右腕に復帰させる。一方、メリア尾根へと逃げ込んだスパルタカス軍は、クラッススの築いた巨大な溝と壁に阻まれてしまう。総攻撃を仕掛けようと主張するクリクススに対し、スパルタカスは少数でローマ軍の本陣を夜襲して、クラッススを暗殺しようと提案する。

第8話 それぞれの道

スパルタカスIII ザ・ファイナル
メリア尾根を脱出したスパルタカス軍は、クラッススの追手と戦いながら森へと逃げ込む。スパルタカスは北のアルプス山脈を越えて、女子供などの戦えない者を国外へ分散させる計画を提案するが、クリクススは反発。2人の相反する信念は交わらず、スパルタカスはアルプス越えを、クリクススは首都ローマ進軍と、それぞれの道を歩き出すのだった。

第9話 死せる者 死にゆく者

スパルタカスIII ザ・ファイナル
クラッススの元にローマ最強の武将ポンペイウスの使いが現れ、スパルタカス討伐への協力を持ちかける。その申し出の思惑を探るため、彼らの陣営に出向いたティベリウスだったが、ポンペイウス軍に扮したスパルタカスたちが迎え撃つ。スパルタカスは、殺された仲間たちの追悼として、捕らえたティベリウスたちを相手に剣闘試合を行うが……。

第10話 激闘の果て

スパルタカスIII ザ・ファイナル
スパルタカス軍は女子供などの戦えない者は逃がし、戦える者はクラッスス率いるローマ軍に進撃するという計画を進めていた。一方クラッススは、斥候からスパルタカス軍の動向の報告を受けて進軍命令を出す。そして両軍共に戦場へと辿り着き、ついに対峙するスパルタカスとクラッスス。愛する者の命と、自由を賭けた壮絶な闘いの行方は!?
  • スパルタカス オフィシャルサイト
  • スパルタカスⅡ オフィシャルサイト
  • スパルタカス序章 ゴッド・オブアリーナ オフィシャルサイト

FOX 海外ドラマシリーズ公式

  • facebook公式アカウント
  • Twitter公式アカウント
  • YouTube公式アカウント