• 友だち追加数

イントロダクション

最強ギャングチームの活躍を描くハード・クライム・アクション

暴力に支配された無秩序な街カリフォルニア州チャーミング。
この街には、SOA【サンズ・オブ・アナーキー】という、最狂ギャングチームがいた。
そんな彼らから、この街を奪おうとする敵対するギャングや、ダーティーな警察に捜査組織。
ヤバすぎる悪党どもを相手に、この街とチームを守る戦いが始まる!
圧倒的バイオレンスと、シビれるほどの男臭さ。
そして、悪をもって悪で制すアンチーヒーローたちの格好良さ。
彼らが暴走すればするほど面白さも加速していき、見始めたら止める事は出来ない。
本年度最も過激でクールなドラマが、ついに登場する!

記録的視聴者数! FOX史上世界累計売上No.1!

2008年に全米で放映されるやいなや、瞬く間に支持を集め、シーズン7まで製作されるほどの人気を得た本作。2014年に放映されたファイナル・シーズン(シーズン7)では、放映局であるFXチャンネル史上最高の平均視聴者数を記録した。
また、アメリカのみならず、世界でも人気は爆発しており、FOXのTVドラマ部門のDVDボックス世界累計売上が、「24 -TWENTY FOUR-」「プリズン・ブレイク」を抜いて、史上No.1という伝説的記録を打ち立てた。

ゴールデン・グローブ賞受賞をはじめ21のアワードで10部門受賞、51部門ノミネート!

アウトローたちの物語ながらも、計算しつくされた脚本と演出、また俳優たちの熱演が圧倒的な評価を受け、数々の賞を受賞。また、ジェマ役のケイティ・セイガルが2011年にゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した。
さらに、「2014年Facebookで最も話題となったテレビドラマランキング」で、「ゲーム・オブ・スローンズ」「ウォーキング・デッド」など話題作がひしめく中、堂々のTOP10入りを果たしており、評価だけではなく人気の高さを証明した。

STORY

カリフォルニア州チャーミング。この街には、“サンズ・オブ・アナーキー(SOA)”というバイククラブがいた。彼らは、表向きは整備工場を営んでいたが、裏の顔は、武器売買を行って資金を得るギャングチームだった。
SOAはならずものだが、地元愛と家族愛が強く、この街を脅かす者には、暴力を加えて排除し、街を守っていた。地元警察との癒着により、彼らの暴力と違法行為は野放しにされていたが、しかし、そのおかげで街の秩序が保たれているというのも事実で、住民からは恐れられながらも、ヒーロー視されていた。
ある日、彼らの武器倉庫が爆破される事件が発生。SOAは、敵対するチーム“マヤンズ”の仕業だと確信し、反撃を開始する。これが引き金となり、悪すぎるギャングたち、アウトローよりも汚い手を使う捜査組織が、SOAに次々と攻撃を仕掛けてくる。そしてついに、この街で戦争が始まってしまうのだった――。

SOAのみどころ

シーズンを重ねていくごとに強力な敵が続々登場

シーズン1では敵対ギャング以外にも、ATF(火器取締局)がSOAと壮絶な戦いを繰り広げる。さらにシーズン2以降では、チャイニーズマフィア、ネオナチ軍団、麻薬カルテル、IRA(アイルランド共和国軍)、FBI、CIAなどなど、様々な敵がこの街とSOAに攻撃を仕掛けてくる。

どんどんエスカレートしていく“悪”

そんなヤバすぎる敵に対して、SOAは正攻法では勝てなくなり、汚い手を使うようになっていく。どんどん悪くなっていく彼らを見ていると「そんな悪いことしちゃって大丈夫?」と、心配してしまうほど。でも、そのワルっぷりが、振り切れすぎで逆に爽快感すら覚え、いつの間にか目を離すことが出来なくなっている。

ワルなのに、頭脳戦もスゴい!

彼らをただのケンカ上等のヤンキーだと思うと、痛い目に合う。主人公のジャックスは、とんでもなくクレバーな人物で、緻密に練られた作戦を立てて、一手一手敵を追い詰めていく。それというのも、脚本のレベルが桁外れに高いからで、海外ドラマファンの中でも、物語の構成や、登場人物の戦略に舌を巻く人が続出した。

ワルたちのアツすぎる絆とカッコよすぎる男気

ワルといえば、もちろん仲間との絆&男気!本作は、そんなヤンキーイズム全開で、SOAメンバーの互いを思う気持ちはどこまでも熱い。また、女・子供は絶対守るべしという思想や、わき道に逸れても最終的にはひとりの女性を愛しぬく姿は、男女ともにグッとくるはず。

誰が死ぬか分からない!

メインキャラが突然殺されるのも、このドラマのすごいところ。ここまで「このエピソードで誰か死ぬんじゃ…」と、ビクビクしながら観るドラマも珍しい。「この人は大丈夫だろう」と思っていた人が殺されてしまうのは衝撃だが、悪いヤツほど生き残っていく構図は、憎憎しいながらもアナーキーな世界のリアリティを感じる。

最高にクールなハーレーダビッドソン!

SOAは、バイクに乗って活動するギャング団だが、メンバーの愛車が、なんとハーレーダビッドソン。ブラッド・ピットや、ジョージ・クルーニー、デビッド・ベッカムまでも魅了するハーレーのカッコよさは、もはや説明不要!それが、何十台も連なって、敵に攻め込んで行くのだから、クールとしか言いようがない。