「プリズン・ブレイク」 男性だらけのスタジオはまるで刑務所!? 部室のような臭いだったと東地宏樹が激白 | 「24 -TWENTY FOUR-」「プリズン・ブレイク」声優トークイベント

海外ドラマの双璧として今なおファンを魅了し続けている大ヒットリアルタイム・サスペンス「24 -TWENTY FOUR-」と、伝説のタイムリミット・サスペンス「プリズン・ブレイク」。待望の復活を遂げたこの2作品のブルーレイ&DVDリリースを記念して、7月24日秋葉原UDXシアターにて、豪華声優によるトーク付き試写会が開催された。

会場には、「24 -TWENTY FOUR-」からジャック・バウアー役の小山力也、最新作「24 -TWENTY FOUR- レガシー」から新主人公エリック・カーターに抜擢された鈴木達央、「プリズン・ブレイク シーズン5」からはマイケル・スコフィールド役の東地宏樹が登場し、シリーズ復活の感想や収録時の裏話など、ここでしか聞くことのできない貴重な話を聞かせてくれた。

 

(左から)「24 -TWENTY FOUR-」ジャック・バウアー役の小山力也、「24 -TWENTY FOUR- レガシー」エリック・カーター役の鈴木達央、「プリズン・ブレイク シーズン5」マイケル・スコフィールド役の東地宏樹
5シーズンにわたり「プリズン・ブレイク」で主人公マイケル・スコフィールドの声を担当してきた東地宏樹は、シリーズ開始当初の様子を本作ならではのエピソードを交えながら振り返った。

「プリズン・ブレイク」はやっぱり、とにかく最初始まったときに、刑務所の中のドラマなんで男の声優さんたちがたくさんくるんですよね。で、ガヤ(大勢の人ががやがや話すシーン)とかを録った後のムンとする部室のような臭いが今も昨日のことのように思い出されるんですが、ちょっときつかったなという思い出があります。

 

 

今となっては大人気シリーズとなった本作品だが、日本では大ヒット海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のオマケで観られるようになったのが最初だという。

あとはもともと「24」が最初にヒットして、そのレンタルビデオで1話だけタダで見れるっていうところからスタートしたんですけど、僕らもはじめたときに、この作品が一体面白いのかどうか、1話だけ見たんですけど、1話がやっぱ面白かったので、入れ墨に脱獄の地図が書いてあるっていう、そこのキャッチ―な作り方はよかったんで、(共演者は)初めての人が多かったんですけど、毎週お酒を飲みに行ったりして、次はどうなるんだろうっていうのが、台本をすぐもらえたんですけど、それくらい飲み屋で話題になったりして、そういう楽しかった思い出がありますね。

 

声優にとっても、続きが気になるキャッチーなストーリーが本作品の魅力であるようだ。