「プリズン・ブレイク」シーズン5の新キャラクター「ジェイコブ」を演じる俳優マーク・フォイアスタイン、演じる際に気を付けていたこととは?[※ネタバレあり]

※「プリズン・ブレイク」シーズン5のネタバレが含まれます。

 

「プリズン・ブレイク」のシーズン5に新たに登場したキャラクター ジェイコブ(サラの夫)役を演じる俳優マーク・フォイアスタインがインタビューでその役どころについて語った。TVInsiderが報じている。

救命医ハンクとは真逆の役

ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」で8シーズンにわたり医師ハンク・ローソン役を演じたマーク・フォイアスタイン。今回新たに「プリズン・ブレイク」へ出演したことについて

役者は、一般の人が思っているほど選択肢は多くないんです。だから、ハンク・ローソンとは真逆の役をいただけて本当に光栄です

と話した。

 

恐怖を増幅させるために

主人公マイケルを陥れ、長い間妻のサラをだまし続けた今シーズンの黒幕ジェイコブを演じるにあたり、注力した点について

息子や妻と遊ぶシーンではできる限り熱心に愛を表現しました。その方が、彼が初めからずっと何をしていたのか気付いた時に恐ろしさが増すからね

と語った。

また、番組の製作者ポール・シェアリングにドラマの詳細を聞かされた際のことを振り返り、

彼のプレゼンは素晴らしかったです。彼はこのドラマはホメロスの『オデュッセイア』に基づいて制作されていると言ったんです。その時に、叙事詩的な悲劇のドラマのために良い資料を利用していると感じました

と話し、ギリシャの哲学が制作の基となっていることに惹かれたと明かした。