• 友だち追加数
第1話 無料上映 決定!

パッセージ

少女を守れなければ、人類消滅

10/9(WED)デジタル配信開始

11/2(SAT)DVD-BOX発売&DVDレンタル開始

DIGITALHD DHD デジタル配信
BD/DVD SELL&RENTAL

購入する

  • amazon
  • HMV
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • TOWER RECORDS

レンタルする

  • TSUTAYA DISCAS
  • ぽすれん
  • DMM.com

INTRODUCTION

巨匠リドリー・スコットが放つ、映画を凌ぐSFサスペンス・アクション超大作

2010年代以降、アカデミー賞を受賞もしくはノミネートされる映画監督たちが製作総指揮を務めるTVドラマが続々と登場し、話題をさらっている。マーティン・スコセッシの「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」(10-14)、スティーヴン・スピルバーグの「ザ・パシフィック」(10)、デヴィッド・フィンチャーの「ハウス・オブ・カード 欲望の階段」、ギレルモ・デル・トロの「ストレイン 沈黙のエクリプス」(14-17)、ダニー・ボイル「TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル」(18)など。経験豊富で個性の強い映画監督たちがキャラクターや設定、ストーリーなどクリエイティブや撮影・編集のテクニックの細部まで深く拘っただけあって、映画を凌ぐクオリティに世界中のTVドラマファンのみならず映画ファンまでもが釘付けになっている。

 そして2019年、また一つ、映画界の巨匠が手掛ける新たなTVドラマが誕生した。リドリー・スコットが手掛けた「パッセージ」(19)だ。リドリー・スコットと言えば、「NUMB3RS ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル」(05-10)、「グッド・ワイフ」(09-16)、「高い城の男」(15-)など数々の傑作TVドラマを手掛けているヒットメーカー。本作は、彼の真骨頂であるSFサスペンス。ファンの期待に応える見ごたえのある仕上がりとなっており、既に放送を終えた全米でも話題となっている。

あのスティーヴン・キングが絶賛!! ハリウッドメジャーが映像化権を巡り争奪戦を繰り広げたベストセラー小説が原作

原作は、ジャスティン・クローニンの著書『THE PASSAGE』(10)。発売されるや否や、米New York Timesのベストセラーリストで初登場第3位、7週連続ランクイン(※)。また、大人気小説家であり熱狂的な読書家でもあるスティーブン・キングは、本書を読んだ後、「15ページで魅了され、30ページで虜になり、夜更かしする羽目になるだろう」と、最大級の賛辞を贈った。

ちなみに、本書は、未完成原稿のタイミングから、いくつかの出版社間で争奪戦が勃発していた。さらには、映画化権を巡ってハリウッドのメジャースタジオ4社(ソニー、ワーナー、ユニバーサル、FOX)が再び争奪戦を繰り広げ、結果、FOXが175万ドルで落札。満を持してTVドラマとして映像化された。
※New York Times - Hardcover Fiction Genre

リドリー・スコット×マット・リーヴスの最強タッグ

製作総指揮は、リドリー・スコットとマット・リーブスほか。マット・リーヴスと言えば、J・J・エイブラムス製作の映画「クローバーフィールド HAKAISHA」(08)で監督を務め、低予算ながら大ヒット。その後、『モールス』(10)、『猿の惑星:新世紀』(14)、『猿の惑星:聖戦記』(17)と続々と注目作で監督を務めている。リドリーのSF・サスペンスに、マットのアクションが加わり、マーク=ポール・ゴスラーほか実力派キャストが勢ぞろい。最高の布陣で作られたSFサスペンス・アクションは必見だ。

少女×オッサン、異色バディが魅せるドラマチックな展開にグッとくる

人類滅亡、陰謀、そして感染。本作は近年ヒットしている海外ドラマの王道ともいえる要素をもつSFサスペンス・アクションだが、他作品と一線を画しているのが “少女×オッサン” という異色のバディだ。人類滅亡の危機が迫る近未来を舞台に、政府が企む禁断の新薬実験を行う組織‟プロジェクト・ノア”に執拗に追われる少女エイミー(サナイヤ・シドニー)と、彼女の唯一の味方である連邦捜査官ブラッド(マーク=ポール・ゴスラー)のスリリングな逃亡劇は見ごたえ満点。SF、サスペンス、アクションに加えて、2人の絆が魅せるドラマチックな展開にも心揺さぶられる。果たして、ブラッドはエイミーを守り抜くことができるのか?濃密な人間ドラマにもぜひ注目して欲しい。

STORY

人類滅亡の危機が迫る近未来、ボリビアで見つかった謎のウイルスから新薬の開発を目指す‟プロジェクト・ノア“が始動する。開発を急ぐ研究者たちは被験者として10歳で母を失った少女エイミーに目をつけ、連邦捜査官ブラッドに彼女を連れてくるよう指示。しかし、娘を無くした過去から、心を閉ざし人を信じられなくなっていたブラッドは、エイミーと出会い、話し、わかりあうことで過去を払拭し、ノアを裏切り彼女を助けることを決意する。そして、少女と捜査官の壮絶な逃亡劇が始まるのだった。一方、ノアでは謎の幻覚や悪夢に悩まされる研究者が続出しており、新薬開発の弊害となっていた。その原因は、実験の副作用により人間とはかけ離れた存在へと変貌を遂げた過去の被験者たちだった。

CHARACTER DIAGRAM

少女を守れなければ、人類消滅——

人物相関図

CAST & STAFF

  • マーク=ポール・ゴスラー

    ブラッド・ウォルガスト役

    1974年3月1日生まれ
    代表作:「PITCH/ピッチ 彼女のメジャーリーグ」(16)、「リゾーリ&アイルズ」(10)、「NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署」(01-05) ほか

  • サナイヤ・シドニー

    エイミー・ベラフォンテ役

    2006年10月3日生まれ
    代表作:『ドリーム』(16)、「アメリカン・ホラー・ストーリー 体験談」 (16)ほか

  • ジェイミー・マクシェーン

    ティム・ファニング役

    代表作:『ゴーン・ガール』(14)、『アルゴ』(12)、「ブラッドライン」(15-17)ほか

  • ヴィンセント・ピアッツァ

    クラーク・リチャーズ役

    1976年5月25日生まれ
    代表作:『ジャージー・ボーイズ』(14)、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」(10-14)ほか

  • ヘンリー・イアン・キュージック

    ジョナス・リア役

    1967年4月17日生まれ
    代表作:「LOST」(05-09)、「THE 100」(14-19)、「スキャンダル 託された秘密」(14-15) ほか 「LOST」で2006年エミー賞でゲスト俳優賞にノミネート

  • 製作総指揮

    リドリー・スコット

    『エイリアン』(79)、『グラディエーター』(00)、『ブレードランナー』(82)ほか

  •  

    マット・リーヴス

    『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08)、『猿の惑星 聖戦記』(17)ほか

  • 脚本

    リズ・ヘルデンス

    「宇宙探査艦オーヴィル」(17-) ほか

EPISODES

第1話「存亡の序曲」

第1話「存亡の序曲」

ある2人の男の研究が発端となり、新薬の開発を目指し立ち上がったプロジェクト・ノア。開発を急ぐ研究者たちは被験者として10歳で母を失った少女エイミーに目をつける。エイミーを連れてくるよう指示された元特殊部隊のウォルガストは早速確保に向かうが、異変を感じ取ったエイミーは逃げ出してしまう。

第2話「約束」

第2話「約束」

リチャーズの追跡を振り切ろうと必死で逃げるウォルガストとエイミー。銃撃戦でケガを負ったウォルガストは、昔なじみのある人物に助けを求めることにする。一方、プロジェクト・ノアではカーターの臨床試験が始まっていた。事態の成り行きを危惧するジョナスはプロジェクト誕生のきっかけとなった出来事に思いをはせる。

第3話「悪夢と希望」

第3話「悪夢と希望」

プロジェクト・ノアでは職員を襲ったバブコックの処置が問題になり、ファニングにそそのかされた彼女はリチャーズに自らの身の上を伝えようとする。ウォルガストとエイミーは、ついにテルライドに移送されてきた。エイミーの部屋で一緒に過ごせることになったウォルガストは隣に自分が連れてきた男がいることに気づく。

第4話「ざわめく血」

第4話「ざわめく血」

カーターの悪夢は日に日に悪化していた。それを察したエイミーは自分もそうなるのかと不安がるが、その様子を見たウォルガストは一計を講じる。一方、ジョナスはファニングと被験者たちの脳の動きに目をつけ、悪夢が彼らと無関係ではないと気づく。同じ頃、リチャーズの部下のポールソンに異変が起きる。

第5話「脱走計画」

第5話「脱走計画」

ポールソンの一件を受けて、リチャーズの上司であるギルダーがプロジェクト・ノアにやってくる。彼はエイミーの能力を兵器に利用しようと考えていた。そんなギルダーにペットは被験者を操る方法があると話す。一方、カーターの血を浴びてしまったジョナスは、感染していた場合に備えて自ら収容室へ入ることを決める。

第6話「惨劇の味」

第6話「惨劇の味」

プロジェクト・ノアからウィンストンが脱走し、リチャーズたちは対応に追われる。ウォルガストが母の形見の本を捜してくれないことに腹を立てたエイミーは反抗的になり、ウィンストンの捜索を手伝うと申し出る。一方、ジョナスは、アルツハイマー病から目覚め不思議がるエリザベスに全てを打ち明けようと決心する。

第7話「特別な子」

第7話「特別な子」

ギルダーの策略で拘束されたウォルガストとライラは、何とかエイミーの元へ戻ろうとする。同じ頃、プロジェクト・ノアではギルダーが新たに責任者に指名されていた。リチャーズは危機感を抱きながらウォルガストたちの捜索に赴く。一方、ジョナスはサイクスと共にエリザベスを治す方法を懸命に模索していた。

第8話「分かれ道」

第8話「分かれ道」

ついにファニングと対峙するエイミーだったが、現実の世界では彼女の体に異変が起こっていた。ギルダーはそんなエイミーを4Bへ移そうとし、サイクスと衝突する。サイクスは新たな抗ウイルス剤の開発を思いつくが、セキュリティーの変更でラボに行けなくなってしまう。リチャーズは設定を変更した男を捜し出そうとするが……

第9話「光の中」

第9話「光の中」

4Bでは感染者たちが暴れ出すが、エレベーターが動かなくなり、取り残された者たちは逃げられなくなる。地上にいるリチャーズたちの働きで何とかエレベーターの稼働には成功するが、逃げる途中でライラが襲われてしまう。ウォルガストはラボに閉じ込められたサイクスを救出し、抗ウイルス剤を地上へ届けようとする。

第10話「最後の教え」

第10話「最後の教え」

プロジェクト・ノアでは、惨状を目の当たりにしたジョナスが自ら死を選ぼうとしていたが、そんな彼の前にレイシーが現れる。一方、プロジェクト・ノアから脱走した感染者たちのせいで、アメリカはウイルスに侵されていく。ジョナスに抗ウイルス剤を託されたウォルガストたちはCDCを目指したもののたどり着けずにいた。

ページのトップへ▲