アウトキャスト シーズン2

エピソード

  • 第1話 「漆黒の町」

    悪魔から逃れるために町を出ようとしたカイルだが、どこにいても悪魔に”気づかれる”ことを知り、町に戻ることに。妹の所へと向かう途中、彼はアンダーソンを見かける。焼け焦げたシドニーの家の前に佇むアンダーソンは「ヤツを殺せなかった」と落胆していた。そんな彼にカイルは、再び共に戦うことを提案する。

    漆黒の町
  • 第2話 「底なしの失望」

    警官が森の中で転覆した車を発見する。中には、メーガンの夫マークの遺体があった。彼の所持品を受け取ったカイルがメーガンに届けに行くと、彼女は自らの心情をカイルに吐露する。一方、シドニーの家を放火したと告白したアンダーソンは留置場の中にいた。そこにパトリシアが面会にやってくるのだが…。

    底なしの失望
  • 第3話 「迷い」

    自殺を試みたメーガンをアンダーソンが救う。気の迷いで湖に飛び込んだと弁明する彼女に、誰もが問題を抱えていると説くアンダーソン。彼も彼女のように苦悩を抱えていた…。家出をしたアンバーを見つけたカイルは、2人でアリソンのもとへ行く。しかし、彼女はアンバーを連れてきたカイルを責める。

    迷い
  • 第4話 「復讐の念」

    パトリシアのもとに息子のアーロンが戻ってくる。変わり果てた息子の姿にショックを受けつつも、「生まれるべき子供ではなかった」と語る彼に、パトリシアは愛していると告げる。一方、ボブの廃品置き場にいたアンダーソンに、1本の電話が入る。その声の主は、家に戻ったばかりのアーロンだった。

    復讐の念
  • 第5話 「隣人に潜む悪魔」

    入院患者の男がなぜかアンバーが持つ“能力”のことを口にし、不安を覚えたアリソンは退院を決意する。一方、カイルは実家に戻ったメーガンを訪ねる。彼は自分の家に来るようメーガンに勧める。しかしカイルやアンバーに不信感を抱くホリーを心配し、彼女はカイルの申し出を断るのだった。

    隣人に潜む悪魔
  • 第6話 「命の行方」

    ジャイルズに取りついた悪魔を追い払おうとしたカイルは、腹部に深い傷を負う。搬送された病院での緊急手術の成功を祈るアリソンやメーガンたちだったが、担当医から彼の死が告げられる。一方ジャイルズは、自分に悪魔が取り憑いていたことを知り、絶望する。そこにアンダーソンが訪れるのだが…。

    命の行方
  • 第7話 「孤独の再来」

    病院を抜け出したカイルは、アリソンとアンバーの3人で町を出ようとする。一方、悪魔の存在を確信したメーガンは、アンダーソンに不信感を抱いていたことを詫びる。そして、自分の中に悪魔が残っていたら…という恐怖心を打ち明ける。アンダーソンは、悪魔に憑かれた経験のある人々が集う場所へとメーガンを連れていく。

    孤独の再来
  • 第8話 「粛清」

    ダコタがシドニーを拘束していると知ったアンダーソンは、彼と2人きりで話をしたいと言いだす。しかし彼のシドニーに対する復讐を恐れるダコタは、その提案に反対する。一方、カイルはパク医師のオフィスへ侵入し、母親のカルテを捜し出す。そして彼女がいるはずである病室に行くが、ベッドはもぬけの殻だった。

    粛清
  • 第9話 「兆し」

    シドニーを監禁するカイルとアンダーソンは、彼からもう1人の“灯台”について聞き出だそうとする。しかしシドニーは激しい攻撃を受けても口を割ろうとはしない。時を同じくして、ジャイルズはローズが悪魔に憑かれたのではないかと疑念を抱く。彼はローズを救ってほしいと、カイルに助けを求めるのだった。

    兆し
  • 第10話 「魂の集結」

    アンダーソンは、かつて自分がいた教会へと足を運ぶ。信者たちに歓迎された彼は、救世主を待つのではなく、自分たちの力で悪に立ち向かうべきだと彼らに説く。一方カイルは、これから“灯台”が町に集まってくることを、サイモンから聞く。一体それは何を意味するのか?そして大融合は起こってしまうのか!?

    魂の集結
ページのトップへ▲