アウトキャスト

イントロダクション

アメコミ界の奇才ロバート・カークマン 「ウォーキング・デッド」原作者が放つ新たな衝撃

イントロダクション

世界的大ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」の生みの親、アメコミ界の奇才ロバート・カークマンが2年間の構想を経て発表した同名アメリカン・コミック“OUTCAST” は「ウォーキングデッド」を凌ぐセールスを記録した。
待望の実写版として登場した本作は、カークマン自らが企画・脚本・製作総指揮までを務め、「ウォーキング・デッド」スタッフが製作陣に名を連ね、早くも世界中で大きな話題を集めている。作者自らが、これまでのTVドラマでは成し得なかった“真のスリル”を届けたいと意気込む。今回は“ゾンビ”ではなくて “悪魔祓い=エクソシスト”をテーマにしながら、深く切ない人間ドラマをベースに高いストーリー性と映像クオリティーを兼ね備えた秀逸の作品となっている。

観るほどに「超」ハマる!ゾンビの次は悪霊!
暗い過去を背負う主人公たちが繰り広げる恐怖と感動が同居する人間ドラマに泣く!!

田舎町で起こった少年の“悪霊騒動”をきっかけに世界の運命が動き出す・・・。
数奇な宿命に翻弄されるカイル、彼に課された使命とは・・・。
次々現れる邪悪な闇たち、なぜ、闇はカイルを狙うのか !?
また、“大融合”とは・・・。

主演は『あの頃、ペニー・レインと』や『ゴーン・ガール』で好演が印象的なパトリック・フューギット。さらに、映画『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞を受賞したアッティカス・ロスを音楽監督が担当し、研ぎ澄まされた世界観を構築。

全米では期待のロバート・カークマンの最新作として注目を浴び、ファーストシーズンの放送を待たずして、シーズン2の制作が決定されるという異例の快挙を成し遂げた。また、世界最大の辛口批評サイト ロッテントマトでは「ウォーキング・デッド」に迫る高い評価を得た。

STORY

STORY
悪魔は、感染するー。

悪霊の仕業により子供時代は母から虐待を受けたことでトラウマを抱え、成人した後も幸せだったはずの結婚生活を破たんさせてしまった青年カイルは、元妻と娘と距離を置き、田舎で人知れずニートとして暮らしていた。

ある日、街で“悪霊に取り憑かれた少年”の噂を耳にしたカイルは、祈祷者としても名高い街の牧師アンダーソンの元を訪ねる。この事件をきっかけに、自らの過去とも深い関わりのある悪霊の存在と対峙していくことになるのだった…。

数奇な宿命に対峙したカイル。彼に課された使命とは・・・。
次々現れる邪悪な闇たち。なぜ、闇はカイルを狙うのか !?
また、“大融合”とは・・・。
世界の運命は彼に託されたー。

STORY