海外ドラマ『オーメン1』

イントロダクション

伝説のホラー「オーメン」のその後を描くTVシリーズ

1976年
1976年、1本の映画が公開されアメリカで社会現象を巻き起こした。
のちに伝説のオカルトホラーと呼ばれるようになる「オーメン」である。“不吉な予兆”を意味するタイトルの本作は、6月6日午前6時に誕生し、頭に“666 ”のアザを持つ悪魔の子〈ダミアン〉が引き起こす不可解で凄惨な現象をショッキングに描き、全米の観客を震え上がらせた。
同年「オーメン」は、空前のオカルトブームに沸いていた日本でも公開され、「ジョーズ」に続き、年間海外映画配収ランキング4位の大ヒットを記録。その後、1979年のテレビ放映では、平均世帯視聴率30%を記録した。※
日本人の3人に1人が熱狂した本作は、その圧倒的人気から「エクソシスト」と並ぶオカルト映画の最高峰と位置づけられ、全4作とリメイク版まで製作された。

そして2016年、伝説は更新される。
映画製作40周年を記念して、「オーメン」のTVドラマが作られたのだ。 物語の舞台は、映画版第1作目のその後の世界。悪魔の記憶を失ったまま、30歳を迎え、すっかり大人になったダミアンは、戦場カメラマンとして活躍していた。しかし、彼はある事件をきっかけに、徐々に悪魔として覚醒していく。そしてダミアンと人類の戦争が始まってしまうのだった――というまったく新しいストーリーとなっている。
第1話では、ダミアンの頭の片隅にある記憶がフラッシュバックするシーンで、映画版のフッテージが多用されており、映画を知らない視聴者に物語の背景が分かるようになっているのと同時に、往年の映画ファンにも堪らない構造になっている。
製作総指揮を務めるのは、「ウォーキング・デッド」の製作総指揮と脚本を手がけていたグレン・マザラ。名作のテイストはそのままに、スリリングでありながらも、深いドラマ性を持つ作品を作り上げた。主人公のダミアンを演じるのは、美しすぎる英国男子ブラッドリー・ジェームズ。「魔術師マーリン」のアーサー役で、日本でもファンの多い人気急上昇中のイケメン俳優だ。「あのダミアンがこんなに美しく成長したの!?」と、驚きながらも、目が離せなくなる。

40年の時を経て、オカルトホラーの伝説を塗り替える、TVシリーズ「オーメン」 いよいよ2016年12月、日本に上陸する。

※株式会社ビデオサーチ ホームページより

2016年

ストーリー 悪魔と人類の決戦が始まる

幼いころの記憶を失った青年ダミアン・ソーンは、戦場カメラマンとしてシリアで活躍していた。30歳を迎えた日、戦場の混乱の中である老婆と出会う。そして、彼女はダミアンに対して不思議な言葉を放つ。それが“鍵”となり、幼きころの記憶がフラッシュバックするという、不思議な体験をしたダミアン。断片的なビジョンだったが、アメリカに戻ってもその不吉なイメージが頭にまとわりつき、ダミアンは自分の過去を調べようと決心するのだった。
しかしそれ以降、彼の周り人たちが次々と謎の死を遂げていく。やがて、彼は自分が人々に死をもたらす元凶の【悪魔の子】だと知っていく――。

動き出した、人類滅亡のカウントダウン。
再び覚醒した悪魔〈ダミアン〉をめぐり、闇の組織、一人の刑事、そしてバチカンを巻き込んだ戦争が始まるのだった。