マスケティアーズ パリの四銃士

イントロダクション

“マスケティアーズ”とは、
フランス国王直属の選ばれし最強の銃士隊。
マスケット銃と剣を操り、国王ルイ13世と国家を守る使命を背負う。

彼らの中でも、死をも恐れぬ忠誠心と深く固い絆で結ばれたアトス、アラミス、ポルトスは、“三銃士”として名を馳せていた。ある日、父親を悪人に殺された青年ダルタニアンが、復讐のためにパリを訪れ、無謀にも銃士に戦いを挑むのだった・・・。この事件をきっかけに三人の銃士に見込まれたダルタニアンは、国王と仲間たちに忠誠を誓い、フランス最強の“四銃士”となる。