シアトル警察 殺人課新任刑事
スティーブン・ホールダー

リンデンの後任として郡警察の麻薬捜査課からシアトル警察に転属してきた刑事。リンデンとコンビを組んで捜査を担当する。やさぐれた風貌ながら、実は勉強家で子供にも優しく、リンデンの息子ジャックも懐いている。リンデンとも少しずつ信頼関係を築いていたが、証拠を偽証した疑惑が浮かび、距離を置かれてしまう。

ジョエル・キナマンJoel Kinnaman

1979年11月25日、スウェーデンのストックホルム生まれ。アメリカ人の父とスウェーデン人の母を持ち、両国の国籍を持つ。スウェーデン演劇学校卒業後、2002年から本格的に俳優業をスタート。2009年の『I skuggan av värmen』で注目を集め、スウェーデンの映画賞グルドバッゲ賞助演男優賞にノミネートされた『Johan Falk』シリーズで国内の人気を確かなものに。2010年の映画『イージーマネー』で世界的な注目を集め、『ダーケストアワー 消滅』(11)でハリウッドに進出した。『キリング/26日間』で初のTVシリーズ出演を果たした後は、ハリウッドでの人気も急上昇し、リブート版『ロボコップ』(14)の主演に抜擢。今後もトム・ハーディやゲイリー・オールドマンと共演する『Child 44(原題)』やナタリー・ポートマン主演の『Knight of Cup(原題)』など話題作への出演が決定している。その他の出演作に『ドラゴン・タトゥーの女』(11)、『デンジャラス・ラン』(12)など。