シアトル警察 殺人刑事課
サラ・リンデン

再婚してカリフォルニアへ引っ越すため警察を辞める日に、ロージー・ラーセン殺害事件が起こり、退職を延期して捜査を担当する事になる。里親の間を転々として暮らしてきた過去があり、子供が関係する事件の捜査には過剰なまでにのめり込んでしまう。別れた夫との間に13歳の息子ジャックがいる。

ミレイユ・イーノスMireille Enos

1975年9月22日テキサス州ヒューストン生まれ。1994年『Without Consent』というテレビ映画でデビュー。NYを拠点に活動し、2005年の『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』でトニー賞にノミネートされる。『レスキュー・ミー』(04)、『Without a Trace~FBI失踪者を追え!』(06)、『SHARK』(06)などへのゲスト出演を経て、2007~10年まで人気ドラマ『Big Love』で双子役を演じ、高く評価された。翌年、本作に抜擢され2011年エミー賞主演女優賞、2012年ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネート。以降映画界にも活躍の場を広げ、『L.A.ギャング ストーリー』(12)、『ワールド・ウォーZ』(13)に出演している。2014年もアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『Sabotage』、クロエ・グレース・モレッツと共演する『If I Stay』、アトム・エゴヤン監督の『The Captive』などが続々待機中。私生活では2008年に俳優のアラン・ラックと結婚し、現在は一児の母でもある。