1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to FOX main navigation
  3. Skip to show navigation
  4. Skip to content
  5. Skip to global fox navigation

glee シーズン5
INTRODUCTION イントロダクション
 

グリー部が廃部の危機に!そしてニューヨークでは新たな夢が生まれる!

これまで世界中で旋風を巻き起こしてきた青春ミュージック・ドラマ『glee/グリー』。
幅広い世代から愛される作品として青春ドラマの枠を超えた本作も、ついに5年目に突入。前シーズンでオハイオのマッキンリー高校と卒業生が暮らすニューヨークという2つのストーリーを同時に描き出した本作。シーズン5はその物語の続きとして、マッキンリー高校では全国大会出場を目指すグリー部員や卒業を控えた最上級生たちの姿を、そしてニューヨークではカートやレイチェルが通うNYADAでの学生生活や、レイチェルがオーディションを受けたブロードウェイ・ミュージカル『ファニー・ガール』のその後が描かれる。
 過去のシーズンを通してティーンのリアルな悩みや社会問題を描き続けてきた『glee/グリー』だが、シーズン5ではこれまで幾度となく触れられてきた公立高校の予算問題がグリー部を直撃する事に。マーリー、ジェイク、ライダーの三角関係や、カートとブレインの遠距離恋愛、新たに芽生えるロマンスなど、恋のドラマも見逃せない。ニューヨークでは夢に向かってまい進するレイチェルやカートたちが、高校時代とはまた違った悩みを抱えるように。それはまさに成長の証。少し大人になった彼らの姿に懐かしさや共感など、様々な感情が呼び起こされるだろう。ドラマの後半ではアーティやサム、ブレインら卒業生たちがニューヨークへ。歌手になったメルセデスも加わり、一層パワフルなストーリーが展開される。第19話ではカート役のクリス・コルファーが脚本を担当しているなど、見どころも盛りだくさんで最後まで目が離せない!

ついに実現したビートルズ・トリビュートらパワフルなソング・ラインナップ

毎シーズン、見る者のテンションをグっと盛り上げてくれる『glee/グリー』の音楽。シーズン5では第1話、2話でビートルズ・トリビュートがついに実現! ウォブラーズも登場し、キャストたちがビートルズの名曲をふんだんにカバーする。第4話ではケイティ・ペリーVSレディー・ガガという歌姫対決も。さらに第6話はビリー・ジョエル・トリビュート。ビリー・ジョエルの黄金期を築いた名曲が続々披露されるのでこちらも要注目だ。他にもレイチェルがオーディションを受けた『ファニー・ガール』や、スー役のジェーン・リンチがブロードウェイ・デビューを果たした『アニー』などのミュージカル曲から、ファレルの「Happy」といった最新ヒット曲、メルセデス役のアンバー・ライリーのオリジナル曲もある。マドンナやビヨンセといった『glee/グリー』ではすっかりお馴染みのアーティストから、ワン・ダイレクションらトップアイドル、A Great Big Worldといったニューカマーまで幅広くカバーし、ドラマを大いに盛り上げてくれる。

スタッフ・キャストの想いが込められたコーリー・モンテース追悼エピソード

2013年7月。世界中に衝撃が走ったフィン役のコーリー・モンテースの訃報。シーズン5の撮影が開始された直後のこの悲劇に、世界中のファンが涙した。製作陣は急遽予定を変更し、彼への追悼エピソードを撮り上げた。それが第3話の「大好きだったフィンへ」だ。ブロードウェイ・ミュージカル『RENT』の名曲「Seasons of Love」で幕を開けるこのエピソードでは、番組を離れていたキャストたちも集まり、それぞれに彼への想いを歌い上げていく。ラストでレイチェルが歌うアデルの「Make You Feel My Love」まで、どの曲からもキャストの演技を超えた感情が痛いほどに伝わり、涙なくしては見られない。まだ深い悲しみにある中、果敢に撮影に挑んだスタッフ・キャストの想いが胸を打つスペシャルなエピソードだ。このエピソードの原題「The Quarterback」が表すように、フィン、そしてコーリーはこのドラマの要の存在だったという彼らの想いはシーズン5全体を通して随所に表れている。

記念すべき100話目のエピソードにはオリジナル・キャストが大集合!

コーリーの訃報という悲劇に襲われたシーズン5だが、同時に特別なシーズンでもある。第12話で『glee/グリー』はヒット作の証でもある100話に到達したのだ。ここ数年、アメリカン・ドラマは長寿化の傾向があるが、それでも100話に到達するのはそう簡単な事ではない。その記念すべきエピソードではオリジナル・キャストがマッキンリー高校に再集結。過去に彼らがパフォーマンスした楽曲の中でも人気のある曲を再演するほか、グウィネス・パルトロウ演じるホリー・ホリデイ先生や、クリスティン・チェノウェス演じるエイプリル・ローズらスペシャル・ゲストも登場! まさに100話記念にふさわしいお祝いムードいっぱいの楽しいエピソードに胸が躍る事必至だ。