1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to FOX main navigation
  3. Skip to show navigation
  4. Skip to content
  5. Skip to global fox navigation

glee/グリー シーズン2
メルセデス

アンバー・ライリー Amber Riley

メルセデス ┃ Mercedes Jones
「メルセデスの態度をいかに表現するかという点は難しかった。意地悪な面とディーバ的な魅力のバランスをとるのに苦労したわ。でも自分の演じている役というのは、自分にとってはスーパーヒーローみたいな存在なの。だから自分が本当にこうだったらなあ、あんなことが言えたらなあ、と思うわ。リーや私がディーバだって言われるのは、私たちが歌う曲のせいだと思う。彼女はバーブラ・ストライサンドの歌をたくさん歌うし、私はアレサ・フランクリンや有名で大がかりな曲を歌うから。そういう曲を歌うには自信が必要なの。メルセデスはゴスペルも歌ってるけど、私も今でも毎日曜日には教会に行くのよ。雑誌の撮影や『glee/グリー』の録音とかが無い限りはね。教会は私にとって、ポジティブなエネルギーに意識を集中させ、自分と向き合うことができる場所なの」
1986年2月15日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。2002年、本作のクリエイター、ライアン・マーフィー制作のドラマ『St.Sass』のパイロット版に起用されたこ とでTVのキャリアをスタートさせる。このドラマは残念ながら未放映に終わったが、これを機にT Vシリーズ『Cedric the Entertainer Presents』(’02)のセドリック役に抜擢される。舞台経験も豊富で『不思議の国のアリス』や『真夏の夜の夢』、さらにロサンゼルス・オペラの『Mystery on the Docks』にも出演した。
アーティー

ケビン・マクヘイル Kevin McHale

アーティ ┃ Artie Abrams
「『glee/グリー』の初回エピソードが放映されただけの時に、僕たちはアメリカ国内のショッピング・モールを回るツアーに出たんだけど、当時の僕たちは、番組の影響についてはまったく見当もつけられない状態だったんだ。そうしたらまだ1話放映されただけだったにもかかわらず、若い子たちがやってきて「僕たちを演じてくれてどうもありがとう。負け犬たちを演じてくれてどうもありがとう」と声をかけてくれたんだ。それ以来、僕たちはこの番組の力というものを認識するようになったよ。ライアン(・マーフィー)は、この番組は希望というものに基づいていて、彼らが存在しているといいなと願っている世界への現実逃避的なものなのだと常に話していた。だからこの世界でトラブルを抱えている人たちは、『glee/グリー』の空想の世界に逃避できるんだよ」
1988年6月14日、テキサス州生まれ。俳優と音楽のキャリアを積むためロサンゼルスに移住し、2005年にドラマ『All That』でデビュー。『The Office』(’07)、『Zoey 101』(’07-’08・未)、『トゥルー・ブラッド』(’08)へのゲスト出演を経て、本作に抜擢された。プライベートでは6年間、NLT(Not Like Them)というボーイズ・バンドに在籍し、Pussycat Dollsの前座も経験。本作のブレイン役のダレン・クリスと共にケイティ・ペリーの『LastFriday Night』のPVにも出演している。
ティナ

ジェナ・アシュコウィッツ Jenna Ushkowitz

ティナ ┃ Tina Cohen-Chang
「ドラマの人気については、ちょっと常軌を逸しているというか、私自身、未だに状況がつかめていないというところがあるの。『glee/グリー』は私にとってドラッグみたいなもの」とか、「私は『glee/グリー』中毒になってる」とか、「『glee/グリー』は私にとってすべて」だとか、いろいろな表現を聞いたわ。でもそれは私たちも同じなの。『glee/グリー』は、しばらくの間、別の世界に私たちを連れて行ってくれるのよ。このドラマにある大切なメッセージをみつけるとしたら、“違っているということは良いことだ”ということね。自分が他の人と違っているからといって引け目を感じることはないのよ。今は自分とティナが融合した感じがするわ。最初ティナは私自身と比べると凄く静かな性格だったんだけれど、だんだん私に似てきたと思う。元気な部分が特にね」
1986年4月28日、韓国ソウル生まれ。幼い頃にNYに移住し、10歳の時にブロードウェイ・ミュージカル『王様と私』に出演。リー・ミッシェルとは8歳の頃からの友人で、2006年から2009年まで出演していた『春のめざめ』でも彼女と共演していた。1993年にインディペンデント映画『Babyface』に出演した他、『セサミ・ストリート』や『As The World Turns』、映画『Educated』(’01・未)に出演した。『Yankees on Deck』という若者向けのスポーツ番組の司会を務めていたこともある。
クイン

ディアナ・アグロン Dianna Agron

クイン ┃ Quinn Fabray
「ファンにはいつも感謝してるの。去年やったコンサートツアーでの観客からの反応は凄くて、明らかにこの旅を私たちと一緒にしているのだと感じたわ。一緒にエルビスの曲を歌ったり、時には何かの衣装を着てライブに来てくれたり、中でも小さな子供たちは特に可愛くて。だからファンにできる限りのことをしたい、という気持ちは常にあるわ。もし私が『glee/グリー』のキャラクターの中から親友を選ぶとしたら? うーん、難しいな。みんな愛すべきキャラクターで楽しい人たちだから。でも……選ぶならティナかな。彼女は外見は自己主張の強いタフな感じだけど、内面的にはすごく優しくて、バレンタイン・デーにマイクのために涙を流してたから。実際のキャストたちもすごく仲がいいのよ。全体的に家族のような関係だけど、いろんな形で友情を築いてるわ」
1986年4月30日、ジョージア州サバンナ生まれ。2005年、映画『Talkers Are No Good Doers』でデビュー。その後、『女検事アナベス・チェイス』(’06)、『CSI:NY』(’06)、『SHARK』(’06)、『ヴェロニカ・マーズ』(’06~’07)、『HEROES』(’07)、『NUMB3RS』(’08)など、数多くのTVシリーズへのゲスト出演を経て本作に抜擢。その他の出演作に映画『ブローバック』(’07・未)『バーレスク』(’10)、『選ばれる女になる方法』(’10・未)『アイ・アム・ナンバー4』(’11)などがある。