1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to FOX main navigation
  3. Skip to show navigation
  4. Skip to content
  5. Skip to global fox navigation

glee/グリー 踊る♪合唱部!?

#3 彼らの名はアカフェラスAcafellas

#3 彼らの名はアカフェラスグリー部に入部したクインたちの策略で、レイチェルに新たな振付師を雇うよう提案されたウィル。自信を失くした彼はスクール・カウンセラーのエマに相談する。エマはウィルのことが好きだったが、彼を諦めるためフットボール部のコーチ、ケンと付き合うようになっていた。そんな時、偶然教師仲間たちの歌声を聞いたウィルは、自信を取り戻すため仲間たちとアカフェラスというボーカル・グループを結成。ステージは大好評でウィルは夢中になるが、次第に彼はアカフェラスの活動を通して、自分はやっぱり教師なのだと再確認するのだった。その頃、メルセデスはクインたちに唆され、ゲイのカートに恋をしてしまう。レイチェルたちは忠告するが彼女は聞き入れない。メルセデスの気持ちを知ったカートは、自分には他に好きな人がいると言い、彼女に初めてカミングアウトする。

Music

  1. For he's a Jolly Good Fellow(フォー・ヒー・イズ・ア・グッド・フェロー)featuring ウィル&サンディ&ケン&ハワード&アンリ
  2. This is How We Do It(ディス・イズ・ハウ・アイ・ドゥ・イット)/ Montell Jordan featuring アカフェラス
  3. Poison(ポイズン)/ Bell Biv DeVoe featuring アカフェラス
  4. Mercy(マーシー)/ Duffy featuring ボーカル・アドレナリン
  5. La Camisa Negra(追憶の黒いシャツ/ラ・カミサ・ネグラ)/Juanes featuring パック
  6. Bust Your Windows(バスト・ユア・ウィンドウズ)/ Jazmine Sullivan featuring メルセデス
  7. I Wanna Sex You Up(アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ)/ Color Me Badd featuring アカフェラス

#4 カートの告白Preggers

#4 カートの告白父親にアメフト部に入部したと嘘をついてしまったカートは、フィンに頼んで入部テストを受ける。音楽に合わせて踊りながらキックをする独特のスタイルで思いがけない威力を発揮した彼を、コーチのケンは即刻キッカーとして採用。フィンはチームにもダンスを習わせ連敗脱出を図ろうとする。一方、ソロの座をティナに奪われたレイチェルは、スーの策略で職場復帰した元グリー部顧問サンディが募集するミュージカルのオーディションを受ける。部員を奪われ悩むウィルの元に今度はフィンが、クインが妊娠したと相談にやってくる。だが実は父親はフィンではなく彼の親友パックだった。その話を聞いたテリは、こっそりクインに接近する。フットボールの試合はカートの活躍で大勝利する。喜ぶ父親にカートは勇気を出してゲイだと告白。そんな彼を父親は優しく受け入れるのだった。

Music

  1. Single Ladies(シングル・レディース)/ Beyonce featuring カートwithブリトニー&ティナ;マッキンリー高校アメフト部
  2. Taking Chances(テイキング・チャンスズ)/ Celine Dion featuring レイチェル
  3. Tonight(トゥナイト)/映画「West Side Story」 featuring ティナ

TOP