1. Skip to FOX main navigation
  2. Skip to FOX main navigation
  3. Skip to show navigation
  4. Skip to content
  5. Skip to global fox navigation

glee/グリー 踊る♪合唱部!?

#21 ファンクで魂を歌え!Funk

#21 ファンクで魂を歌え!マッキンリー高校の講堂に、突然ボーカル・アドレナリンのメンバーが現れた。そこにはジェシーの姿も。彼はレイチェルに元の高校に戻ったと冷たく言い放つ。仲間を傷つけた彼らを許せないフィンとパックは、相手校に忍び込み車のタイヤをパンクさせるという報復に打って出る。ウィルはボーカル・アドレナリンの弱点がファンクだと突き止め、音楽で借りを返そうとする。そのためにスーを弄んで曲のアイデアを得ようという突飛な発想から彼女を誘惑する。不覚にも彼にほのかな恋心を覚えてしまったスーは、ウィルに騙されたことに想像以上のダメージを受け、学校まで休んでしまう。ウィルはスーの家に謝りに行き、復活したスーは見事チア部を全国大会優勝に導く。そしてグリー部もボーカル・アドレナリンの前でファンク・ナンバーを披露し、彼らを不安に陥れるのだった。

Music

  1. Another One Bites the Dust(アナザー・ワン・バイツ・ザ・ダスト) / Queen featuring ボーカル・アドレナリン
  2. Tell Me Something Good(テル・ミー・サムシング・グッド) / Rufus and Chaka Khan featuring ウィル
  3. Loser(ルーザー) / Beck featuring パック,フィン,サンディ,ハワード,テリ&店員と客
  4. It’s a Man’s Man’s Man’s World(マンズ・マンズ・ワールド) / James Brown featuring クイン
  5. Good Vibrations(グッド・バイブレーションズ) / Marky Mark and the Funky Bunch feat. Loleatta Holloway featuring パック,フィン&メルセデス
  6. Give Up the Funk(ギブ・アップ・ザ・ファンク) / Parliament&Funkadelic featuring ニュー・ディレクションズ

#22 僕たちのジャーニーJourney

#22 僕たちのジャーニー州大会直前のグリー部に衝撃のニュースが走る。なんとスーが審査員の一人に選ばれたというのだ。望みを失い落ち込む部員たち。そんな彼らを見たフィンは、レイチェルにリーダーとしてみんなを奮起させようと提案。その時、2人の心は再び通い合う。大会当日、様々なプレッシャーを乗り越え、ジャーニー・メドレーで会場を沸かせた部員たち。全力を出し切った彼らは笑顔で控え室に戻る。その矢先にクインが産気づき急遽病院へ。そんな騒動の中、ボーカル・アドレナリンのパフォーマンスが始まり、さすがの実力を見せ付ける。審査員室では優勝を巡って意見が分かれ、スーは思わずグリー部の味方をしてしまう。だが結果はボーカル・アドレナリンの優勝だった。廃部が決定し落ち込むウィルの前にスーが現れる。そして「校長を脅してもう1年続けさせることにした」と告げるのだった。

Music

  1. You Raise Me Up(ユー・レイズ・ミー・アップ) / Josh Groban featuring オーラル・インテンシティー
  2. Magic(マジック) / Olivia Newton-John featuring オーラル・インテンシティー
  3. Faithfully(フェイスフリー) / Journey featuring レイチェル,フィン&ニュー・ディレクションズ
  4. Any Way You Want It(エニー・ウェイ・ユー・ウォント・イット) / Journey featuring ニュー・ディレクションズ
  5. Lovin’,Touchin’,Squeezin(ラヴィン、タッチン、スクウィージン) / Journey featuring ニュー・ディレクションズ
  6. Don’t Stop Blievin’(ドント・ストップ・ビリーヴィン) / Journey featuring ニュー・ディレクションズ
  7. Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ) / Queen featuring ボーカル・アドレナリン
  8. To Sir,with Love(いつも心に太陽を/トゥー・サー・ウィズ・ラブ) / Lulu featuring ニュー・ディレクションズ
  9. Over The Rainbow(オーバー・ザ・レインボウ) / Israel Kamakawiwo’ole featuring ウィル&パック

TOP