エクソシスト

イントロダクション

あれから40年 再び少女は悪魔になる

1973年、1本の映画が公開されアメリカで社会現象を巻き起こした。 のちにホラー映画の金字塔と呼ばれるようになる「エクソシスト」である。少女に憑依した悪魔と2人の神父の戦いを描いたこの作品は、悪魔化していく少女のショッキングな姿が観客を震え上がらせたが、映画としての評価もとても高く、ホラー映画で初めてアカデミー賞(R)作品賞にノミネートを果たした。翌年、日本でも公開され、前代未聞の大ヒットを記録。劇場前は長蛇の列、劇場内では扉が閉まらないくらいに人が押し寄せ、「大変混雑しているので、しばらくは劇場に来るのを見合わせてください」という新聞広告が出されるという伝説まで作り出した。

それから40年。ついに「エクソシスト」のTVドラマが誕生した。
映画第1作目から40年後の世界を舞台に、再び少女に憑いた悪魔と、それに立ち向かう2人の神父の戦いを描く。製作総指揮を務めるのは、ハリウッド版「デスノート」のクリエイター、ジェレミー・スレイター。物語が進むごとに映画版とリンクして、40年目の衝撃の真実が次々と明らかになっていく構成は見事の一言。さらに回転する首、スパイダーウォーク、あの戦慄のテーマ曲など『エクソシスト』ファンにはたまらない要素が沢山盛り込まれている。キャストには2016年“世界で最もハンサムな顔100人”にランクインしたアルフォンソ・ヘレラ、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のベン・ダニエルズに加え、オスカー女優(R)ジーナ・デイビス(『テルマ&ルイーズ』)と、実力派スターが集結。熱狂的ファンを生み、既にシーズン2の制作も決定している。

40年の時を経て、最高のスタッフとキャストで蘇った「エクソシスト」
鮮やかにあの事件と現在が点と点が繋がれていく衝撃を、その目で目撃せよ!

Academy Awards(R) is the registered trademark and service mark of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

STORY

あの事件から40年 悪魔に憑かれた1人の少女 彼女を救うため立ち上がった2人の悪魔払い師 彼らはまだ知らなかった それが40年前の戦いの続きだということを――

ページのトップへ▲