Empire/エンパイア 成功の代償

イントロダクション

全米史上空前の社会 現象ドラマ、日本上陸!

音楽業界の裏側と華麗なる一族の愛情と熾烈な争いを ゴージャスに描いたジェットコースター・サスペンス

全米を熱狂の渦に巻き込んだ超話題作、ついに上陸!

今全米で最も注目を集める超話題作。それが『Empire/エンパイア成功の代償』だ。音楽業界を舞台にヒップホップ界で一大帝国を築くエンパイア社のCEOルシウス・ライオンとその家族の愛憎劇を描いた本作は、2015年3月に全米FOX局で放送がスタートするや、第2話放送と同時にシーズン2の制作が決定(日本ではシーズン2が2016年1月26日よりFOXチャンネルにて放送中)。TVシリーズというのはどんな作品でも、放送2週目には視聴率が落ちるのが常だったが、『Empire』は初回からシーズン・フィナーレまで毎回視聴率が上昇し、なんと12週連続で視聴率NO.1となる快挙を達成した。そんな話題作を手掛けるのは、映画『チョコレート』や『プレシャス』、『大統領の執事の涙』等、常に物議をかもす作品を世に送り出す映画監督リー・ダニエルズと、俳優としても活躍し、ジュリアン・ムーア主演のTV映画『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』でエミー賞作品賞・脚本賞を受賞したダニー・ストロング。この2人の俊英がタッグを組んだ事で、今最もクールなTVシリーズが誕生したのだ。

その人気は今や社会現象!全米を席巻する「Empire」の魅力

『Empire』の魅力。それはリアルかつ刺激的なストーリーとハイクオリティな音楽が見事に融合した点にある。華やかな音楽業界の裏側で繰り広げられる様々な思惑が絡み合う内幕劇、スラム街から這い上がり、音楽で成功したルシウスとその家族の複雑な愛憎と過去を巡るサスペンス、そして黒人社会が抱える現実、ヒップホップ業界に厳然と流れる同性愛に対する偏見など、ドラマティックだが社会問題にも鋭く切り込む大胆な物語は、高いエンターテインメント性で最後まで観る者を引き込んでいく。そこに音楽界の重鎮、ティンバランドが手掛けるハイクオリティな楽曲が加わり、音楽ドラマとしても優れた作品性を保っている。リアルなカルチャー描写は黒人社会からも絶賛され、その人気は瞬く間に人種の垣根を越えた社会現象にまで発展。エミー賞やゴールデン・グローブ賞といったTV賞のみならず、第58回グラミー賞にサウンドトラック部門でノミネートされるなど、各界で高く評価されている。ファッション業界ではタラジが演じるクッキーのハイ・ブランドをド派手に着こなすスタイルが話題を呼び、衣装提供を希望するブランドが殺到。高級デパート、サックス・フィフス・アベニューが番組からインスピレーションを受けたキュレーション・コレクションを発表するなど、今やポップカルチャーのトレンドをリードする作品になっている。

Magazine

Online

SNS

見事、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞!実力派から新人まで多彩なキャストが続々ブレイク!

本作の主人公ルシウスを演じるテレンス・ハワードや、その妻クッキーを演じるタラジ・P・ヘンソン、リー・ダニエルズ監督の『プレシャス』で一躍注目を集めたガボレイ・シディベといった実力派俳優から、ライオン家の3兄弟を演じるトレイ・バイヤーズ、ジャシー・スモレット、ブリシェア・グレイといったフレッシュな俳優たちまで、多彩なキャストが揃う本作。ジャシーやブリシェア、そして新人アーティスト、ティアナを演じるセレイヤはアーティストとしても音楽業界で注目を集めている。さらにクッキーの強烈なパーソナリティを体現するタラジは人気が爆発。彼女なくして番組は成立しえないと言われるほどの存在感を見せ、各賞レースにも軒並みノミネート。第73回ゴールデン・グローブ賞では見事ドラマ部門主演女優賞を獲得した。2015年にはタラジとジャシー、ブリシェアが揃って来日し、米軍基地で慰問ライブも敢行。毎朝軍から4時に起こされていたというハードなスケジュールの中、精力的に取材をこなした彼らはドラマさながらの仲の良さとパワフルさを見せた。日本のファンのために開催されたイベントには約350人が集まり、ジャシーが番組でも印象的な『You're So Beautiful』他をライブで熱唱。ファンを熱狂の渦に巻き込み、その人気ぶりを大いに印象付けた。

あのマドンナを抑えて、サントラが全米アルバムチャート初登場第1位!

大物プロデューサー、ティンバランドが音楽総指揮を担当!

音楽業界を舞台にした本作において、劇中使用する音楽は要ともいえる存在。その重要な音楽総指揮を、ジャスティン・ティンバーレイクやマドンナ、ミッシー・エリオットといった多くの大物アーティストの楽曲を手掛けてきた名プロデューサー、ティンバランドが担当。劇中ジャマルやハキーム、セレイヤ演じる新人シンガー、ティアナらが歌うほとんどの楽曲を彼が書き下ろしている。そのハイクオリティなサウンドは、音楽業界を描く本作のリアリティに大きく貢献し、たちまち話題沸騰。ドラマのサウンドトラックはマドンナのアルバムを抑え、ビルボードで全米1位となっている。

各界から豪華ゲストが続々登場!

今や全米で最も旬な本作には各界から豪華ゲストが続々出演している。キューバ・グッディング・Jrといったオスカー俳優を始め、音楽界からはグラディス・ナイトやパティ・ラベルといった重鎮、メアリー・J・ブライジやスヌープ・ドッグといったヒップホップ界のスター、エステルやリタ・オラといった若手スターまでバラエティ豊かな顔ぶれが揃う。ナオミ・キャンベルやジェニファー・ハドソン、コートニー・ラブは複数話に渡って出演するので注目だ。またシーズン2ではマリサ・トメイやクリス・ロックといった俳優陣に加え、アリシア・キーズやケリー・ローランド、Ne-Yoにジェイソン・デルーロ、ベッキーG、リュダクリスなど、ますますゲストがパワフルに。ニコール・リッチーとグッド・シャーロットのジョエル・マッデンが夫婦で登場する他、元ヴォーグの名物編集者アンドレ・レオン・タリーやCNNのアンカー、ジェイク・タッパーとドン・レモン、さらにリー・ダニエルズとティンバランドも本人役で出演するなどバラエティも広がり、『Empire』の勢いは増すばかりだ。

SONG LIST