Season4 Episodes

photo

#13 悪夢の続き - Eyes Open
ジョン・バレットは死亡。非公式情報員リストが暗号化された聖書も消えていた。解読すれば、マイケルを解雇した人物もわかる。大けがで入院中のマイケルは見舞いに来たジェシーに手伝って欲しいと頼むが拒まれる。その頃、大規模な爆発事故が勃発。マイケルの病院にも次々とけが人が運び込まれた。事故でデールが死んだと聞いたマイケルとサムは、先日、娘を誘拐されたアダム・スコットが犯人ではと疑う。ヴォーンはマイアミを去り、フィオナは例の聖書を持ち逃げしたのはバレットの手下スウィーニー(フィリップ・J・マーティン)だと推理。爆破事件で忙しいマイケルはフィオナにジェシーと組むよう示唆。人出が足りず、ジェシーも渋々、合流する。

photo

#14 一触即発 - Hot Property
ケガが完治していないマイケルの代わりにフィオナはジェシーと一緒に依頼人スチュワート(クリス・コナー)の元へ。スチュワートから、彼の妹が恋人である悪徳外交官マルコ(ロバート・エスコバ)の屋敷に監禁されていると聞かされる。調べてみるとマルコの家は厳重警備。不審に思ったマイケルたちがスチュワートに会いに行くと、以前、遭遇した女泥棒ナタリー(キャリー・ソーン)が現れる。彼女はマルコが持っている化学兵器を盗もうと企画していたのだ。嫌がるフィオナを無視し、マイケルたちはナタリーと組むことを承諾するが、結局、まんまと彼女に騙される。サムは例のリストのためにジェシーの元上司マーヴを脅し、再び協力を要請する。

photo

#15 弟のプライド - Brotherly Love
サムとジェシーはリストが競売にかけられるドミニカ共和国へ。マイアミを離れられないマイケルは弟ネイト(セス・ピーターソン)の久々の里帰りに同行。彼は友人ジェフ(マイケル・ジェイス)&ビリー(ジョッコ・シムズ)のテイラー兄弟のガレージからカスタムカーが盗まれたと知り、解決しようと帰郷したのだ。車には薬の売人、ヘクター・リヴェラ(イスラエル・ガルシア)のヘロイン20キロが積まれたままだった。マイケルはかつて仕事をした車泥棒、トニー・ソト(アダム・クラーク)から、彼のライバルである車窃盗団のボスの情報をもらうが、彼は既に殺された後だった。マイケルたちはリヴェラの手下ケイレブ(マーカス・チョン)を怪しむ。

photo

#16 偽りの仮面 - Dead or Alive
マイケルたちが手にしたリストはこれまでになく重要な機密情報だった。信用できる人にしか渡せないと考えた彼らはそれをジェシーの元上司マーヴに託すことにする。条件はジェシーとマイケルの復職。マーヴはなかなかマイケルを信用しようとせず、前途多難だ。サムは友人の警官ケヴィン失踪の件で、彼の妻クレア(アレクシー・ギルモア)に会うと、そこにはケヴィンの相棒だったピート(ラファエル・スバージ)もいた。マイケルたちはケヴィンの通話記録から前科者のテッド(レオ・フィッツパトリック)を見つけ、尋問すると、彼はピートに強要されてケヴィンを殺したと告白。サムは友人の汚名を晴らそうとテッドをダシにピートをハメようとする。

TOPへ