Season4 Episodes

photo

#09 迫りくる嵐 - Center of the Storm
銀行の貸金庫に入っていたのはサイモンの聖書だった。獄中のサイモンに面談するため、マイケルは再びヴォーンに連絡する。マイケルの実家に顔なじみのFBI捜査官、レイン(ブランドン・モリス)とハリス(マーク・マコーレイ)がやって来る。殺し屋に襲われたせいで逃してしまった証人を探して欲しいようだ。武器をたどり、銃ディーラーのパノ(キース・ハドソン)に行きついたマイケルとサムは銃の持ち主がコール(ジョン・セダ)と知る。コールの自宅に向かったマイケルはコール本人と鉢合わせ、捕えられる。その頃、フィオナのアパートをヴォーンが訪問。彼はジェシーを復職させる代わりに、聖書を自分に渡してくれないかとフィオナに掛け合う。

photo

#10 宿敵との再会 - Hard Times
ヴォーンの計らいでついにマイケルはサイモン(ギャレット・ディラハント)と対面。サイモンはマイケルを襲うふりをして、墓地に埋めた自分の私物を探れとヒントを出す。サムは刑務所にいる友人フアン(ジョン・ヴェレア)と面会。フアンは1週間後、出所予定だったが、同じ刑務所内のギャングに目を付けられていた。命の恩人であるフアンを救いたいというサムの代わりに、FBI捜査官レインとハリスの手を借り、マイケルが刑務所に潜入。フアンの命を守るためにマイケルは彼を脱獄させようとする画策するが、暴動に巻き込まれる。刑務所を出たマイケルはサイモンと再会。聖書を欲しがっているのは大手通信会社会長ジョン・バレットだと知らされる。

photo

#11 盲点 - Blind Spot
マイケルたちは捏造した証拠ファイルをジェシーに見せ、ジョン・バレットが闇組織の黒幕だと納得させる。ジェシーはそれを信じ、マイケルとバレット(ロバート・パトリック)に電話。聖書を買わないかと持ち掛ける。フィオナは友人の友人エミリー(ジーン・ルイザ・ケリー)が女たらしの詐欺師チャールズ(ジェイミソン・ジョーンズ)にお金をだまし取られたと聞き、怒り心頭。チャールズから金を取り返そうと躍起になる。尾行がバレそうになったフィオナはジェシーと恋人のフリをしてその場を乗り切るが、前からフィオナのことが気になっていたジェシーと微妙な空気。チャールズはなかなか尻尾を出さず、最後はサムが薬と酒で彼を酔わせまくる。

photo

#12 裏切りの報い - Where There's Smoke
マイケルのせいで自分が解雇されたと知ったジェシーが失踪。同じ頃、ジョン・バレットがニューヨークからマイアミに到着。仕方なく、ジェシー抜きでバレットとの交渉に控えるマイケルたち。そんな切迫した状況だったが、弁護士アダム・スコット(ダニー・ピノ)の頼みは断れなかった。彼の5歳の娘ベッキーが誘拐されたのだ。犯人は彼が弁護している容疑者の弟デール(マイケル・ルーカー)。兄に有罪判決が出れば、娘の命はないという。フィオナはジェシーを見つけ出し、マデリンとともに説得を試みる。しかし、ジェシーの意志は固い。ジョン・バレットとの取引当日。ヴォーンが現れ、銃撃戦に。そのどさくさの中で、ジェシーがマイケルを撃つ。

TOPへ