海外ドラマ FOX TV SERIES CENTRAL

BONES—骨は語る—

キャスト&スタッフ

テンペランス・ブレナン

ジェファソニアン法医学研究所に所属する法人類学者で実体験を元にした著書を持つベストセラー作家でもある。学者としては超一流だが対人スキルに問題があり、無遠慮な発言で相手を不愉快にさせることも多い。当初は不仲だったブースとは今では良き相棒となっている。15歳の時に両親が失踪、やがて2人がある事件に関わっていたことが判明する。

エミリー・デシャネル

1976年10月11日 1976年10月11日L.A.生まれ。父は撮影監督のキャレブ・デシャネル、母メアリー、妹ズーイーも女優という芸能一家に育つ。1994年『あなたに降る夢』で映画デビュー。『ローズ・レッド』('02・ミニシリーズ)『コールドマウンテン』('03)『スパイダーマン2』('04)などを経て、本作のヒロインに抜擢。一躍注目を集めた。

シーリー・ブース

FBI捜査官で、元陸軍のスナイパー。単純、率直な性格のため、理論派のブレナンとは意見が対立することもあるが、良き理解者として捜査でも常にフォローしている。ジェファソニアンの科学者たちに対しても、当初は変わり者と小バカにしていたが次第に彼らとも協調していく。私生活では離れて暮らす4歳の息子がいる。

デイビッド・ボレアナズ

1976年10月11日 1969年5月16日ニューヨーク生まれ。1997年『吸血キラー/聖少女バフィー』のヴァンパイア、エンジェル役でブレイク。その2年後、スピンオフ『エンジェル』('99〜'04)も製作された。その後は『バレンタイン』('01)『幸せになる彼氏の選び方〜負け犬な私の恋愛日記〜』('02)など映画を中心に活躍するが、本作でTV界に復帰。

アンジェラ・モンテネグロ

ジェファソニアン法医学研究所の職員。似顔絵などを担当するアーティストであり、3Dホログラム映像プログラムや骨格識別プログラムを開発している優秀なプログラマーでもある。ブレナンの大親友で一番の理解者。彼女とは正反対に奔放で人生を楽しもうとするポジティブな性格。父親はZZ.topのメンバー、ビリー・ギボンズ。

ミカエラ・コンリン

1978年6月9日ペンシルバニア生まれ。2001年『Law & Order』の1エピソードにゲスト出演しデビューする。翌年『MDs』('02)という医療ドラマにレギュラー出演するが残念ながら番組は1年でキャンセル。主な出演作に『ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男』('01)『犯罪捜査官ネイビーファイル』('03)などがある。

ジャック・ホッジンズ

昆虫と鉱物の専門家。土壌学、植物学、昆虫学の博士号を持ち、バグ・ガイ(虫野郎)とあだ名されるほどの昆虫好き。趣味は陰謀という変わり者でなにかあればすぐに陰謀に結び付けて考える。好奇心旺盛で洞窟探査のライセンスも所持。実はジェファソニアンの理事でもある大富豪一族の後継者だが、そのことは同僚に隠していた。

T・J・サイン

1976年3月7日ボストン生まれ。エキストラとして数多くの映画に参加していたが、1998年に本格的に俳優の道へ。映画・ドラマと幅広く活躍し、主な出演作に『エリン・ブロコビッチ』('00)『ゴースト・ワールド』('01)『CSI:NY』('05)などがある。最新作『The Last Full Measure』ではブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンと共演。

ザック・アディ

ブレナンの助手で二つの博士号をとるためジェファソニアンで研究中。天才として将来を嘱望されているが、あまりに知性が高いゆえに凡人には理解し難い言動も多い。その性格が災いして博士号取得も危ぶまれるが、無事博士としてジェファソニアンに就職する。ジャックといつも可笑しな実験をして新上司カミールにニラまられている。

エリック・ミレガン

1974年8月25日、ニュージャージー生まれ。ブロードウェイで活躍し、ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』、オフ・ブロードウェイのヒット作『Alter Boyz』に出演。ドラマは『Law & Order:Criminal Intent』('02)や『ラリーのミッドライフ★クライシス』('04)を経て、本作が初のドラマ・レギュラー作品となる。

カミール・サローヤン

長期休暇をとったグッドマン所長の後任としてブレナンたちの上司となる法医学者。優秀な検視官で上司としても信頼できる人物だが、個性的なチームをまとめようとやっきになるあまり、上司風をふかせてしまうことも。それが原因でブレナンと対立することもしばしば。ブースとは過去に親密な関係があった様子でいいムードに。

タマラ・テイラー

1970年9月27日、トロント生まれ。1991年にTVドラマの端役でデビューしたが、本格的に女優の道を歩み始めたのは『サンフランシスコの空の下』('96〜'97)に1年間出演してから。主にTVを中心に活躍し、主な出演作には『ドーソンズ・クリーク』('98)『CSI:マイアミ』('04)『LOST』('05)『NUNBERS〜天才数学者のファイル』('06)などがある。

製作総指揮:ハート・ハンソン

1991年、『African Skies』というTVシリーズで脚本家としてデビュー。1996年『Trader』でプロデューサー業に進出。『アボンリーへの道』('90〜'96)『アウターリミッツ』('97)『スターゲイト:SG-1』('97)にも脚本家として参加している。『BONES』ではクリエイターとして作品全体を統括、全エピソードの脚本を担当している。