9-1-1 LA救命最前線

エピソード

【ネタバレ注意】

ロサンゼルスの911番にかかってくる緊急電話を巡る群像劇。

助ける命もあれば、助けられない命もある。緊急事態の最前線で命の危機に対峙する者たちは、それぞれにゆがんだ精神の保ち方や悩みを抱えていた――

  • 第1話 電話越しのヒーロー (原題:Pilot)
    恋人との破局や母親の介護の問題など苦悩を抱える42歳のアビーは911ダイヤルの第一応答者。ある日、壁の中から泣き声がするとの通報を受け救急隊員を現場へ急行させると、排水管に生まれたばかりの赤ん坊が挟まっていた。続いて、留守番中の少女から何者かが侵入したとSOSが入るが、住所が分からない。広大な住宅街で少女の家を特定し侵入者から救うため、警察官のアシーナ、消防士のバックらと共に電話越しに奮闘する。
    電話越しのヒーロー
  • 第2話 トラウマ (原題:Let Go)
    逆さづりのジェットコースターから乗客が転落死した。救命に携わったバックは、あと数センチのところで手が届かず1人の男性を救出できず落ち込むが、残りの4人を救出したヒーローとしてニュースでもてはやされる。全員を救助できなかったのにも関わらず、周囲から不本意な高評価を受けることに悩み、現場に立てないほどのトラウマを抱えたバックだったが、仲間の助言で命を救えなかったとしても、それを受け入れ前に進むことを学ぶのだった。
    トラウマ
  • 第3話 家族愛 (原題:Next of Kin)
    ある誕生日会、エア遊具で遊んでいた父親と息子に悲運が訪れる。突然の強風でエア遊具が宙を舞い、崖を転落する。遊具内に取り残された人命の救出へ救急隊が急行する。一方、アシーナの娘が自殺未遂を起こし、家族離散の危機が迫る。また、プロポーズに失敗したチムニーは、苛立ちをボビーにぶつけて消防署を飛び出す。間もなく、チムニーから救助要請の電話を受けた仲間たちは救出先で信じられない光景を目の当たりにする。
    家族愛
  • 第4話 最悪な一日 (原題:Worst Day Ever)
    悲惨な航空機墜落事故が起こる。その墜落直前、911を通じてアビーは機内にいた男性から妊娠中の妻への伝言を受け取っていた。墜落現場は海上、沈没までのわずかな時間で一人でも多くの命を救おうと、救急隊は奔走する。救助活動を終え、ある親子が涙の再会を果たす様子を目にした時、ボビーに限界が訪れる。後日、連絡がつかない彼を案じたヘンとバックが自宅を訪ねると、生活感のないアパートで泥酔し眠る彼の姿があった…。
    最悪な一日
  • 第5話 過去の呪縛 (原題:Point of Origin)
    仕事から帰ったアビーがうたた寝をしている間に、アルツハイマーの母が家を抜け出し行方不明になる。翌朝、情報を募る連絡を受け心配したバックが家に駆けつけ、思いがけない形で2人は初対面を果たす。そしてバックは、母親の捜索中も別の現場に駆けつけた際も常に冷静に仕事をする彼女に興味を持ちはじめる。一方、仲間にすら心を閉ざしていたボビーは自分のスタンスに迷い、誰にも打ち明けられなかった自らの過去を神父に語り始める。
    過去の呪縛
  • 第6話 バレンタインの悲劇 (原題:Heartbreaker)
    バレンタインの夜、近隣で喧嘩をしていると通報を受けたアシーナが駆けつけた家には、ついさっきフラれたと訴える女性がいた。優しい言葉をかけ一度は立ち去ったアシーナだが、連絡を受け再び彼女の家を訪ねると、何かがおかしいことに気がつく。消防署ではチムニーの復帰歓迎会が開かれ署内はお祝いムード。念願のデートに繰り出したアビーとバックだったが、思いもよらない事態に陥りロマンチックな夜が一瞬にして救急現場となる。
    バレンタインの悲劇
  • 第7話 満月の夜に (原題:Full Moon (Creepy AF))
    満月の夜には何かが起こる。妊婦限定のヨガ教室からのSOSを受けボビーとバックが駆けつけると生徒が次々と産気づき、アシーナとヘン、チムニーは人食い男に対峙する。アビーが受けた通報では、通話中の女性が何者かに襲われ殺されてしまう。殺害された女性の元夫が容疑者として捕まり事件は解決したかにみえたが、何かが腑に落ちないアビーは自ら調査を開始する。そして別々に思えた奇妙な出来事が、次第に繋がっていく。
    満月の夜に
  • 第8話 因果はめぐる (原題:Karma's a Bitch)
    胸を撃たれた男性、日焼けマシンに焼かれた男性、トラに追われる男性などから次々に救助要請がくる。彼らの身に降りかかった災難が起きたいきさつを知るたびに、因果応報という言葉が隊員たちの頭をよぎる。そんな中、チムニーは自分が交通事故から助かった恩返しにと消防署で献血を募り、注射嫌いのボビーにも協力を強いる。提供した血液の検査結果について話があると医者に呼び出されたボビーは、自らの宿命を知ることになる。
    因果はめぐる
  • 第9話 とらわれの身 (原題:Trapped)
    ホームレスの男性が雨を避けるためゴミ回収のコンテナに逃げ込む。翌朝、彼はコンテナごとゴミ収集車に投げ入れられ圧縮されそうになる。また、古いビルのエレベーターに閉じこめられた親子からも救助要請が入る。配管の不備によりエレベーターが浸水しはじめる。アシーナも、新しい恋人の家で思いがけずとらわれの身に。母親の病状が日毎に悪化し介護生活に縛られているアビーは、バックを巻き込まないように別れを切り出そうとする。
    とらわれの身
  • 第10話 新たな一歩 (原題:Whole New You, A)
    最愛の母を失い自分さえ見失いそうなアビー。悲しみに暮れながら、今までないがしろにしてきた自分自身に向き合い始める。そんな中、アビー一筋に生まれ変わったはずのバックのもとへ彼に弄ばれたと言う女性たちがやってくる。身に覚えのない彼は真相を探ろうと奔走する。一方、隊員達も、占いの館で倒れた男性の救助、凄惨なバイク事故現場への出動など、様々な救急の最前線で戦いながらそれぞれに新たな一歩を踏み出していく。
    新たな一歩
ページのトップへ▲