24 -TWENTY FOUR- シーズンVI vol.3
24 Season 6

Today I can die for something, my way, my choice.――JACK BAUER
(今日なら何かのために死ねる、俺自身の意思で)

FOX2007年度作品 / アメリカ

キャスト&スタッフ

ジャック…キーファー・サザーランド(小山力也)
クロエ…メアリー=リン・ライスカブ(林 真里花)
ブキャナン…ジェームズ・モリソン(中 博史)
トム・レノックス…ピーター・マクニコル(佐々木省三)

製作総指揮:ジョエル・サーナウ/ロバート・コクラン

●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:木村純子/宮川桜子

ストーリー

■第5話:「10:00」
米国土で核爆弾が爆発した。残る核爆弾はあと4つ――ファイエドは残りの核爆弾を起爆設定できる技術者を探し始める。一方CTUは、核爆弾の出所と思われる人物、ディミトリ・グレデンコが、過去にジャックの父親と接触していたことを突き止める。事実を知ったジャックは自ら事情を聞きに行こうとするが、父親は昨日から行方不明となっていた……。

■第6話:「11:00」
弟グラハムの尋問を続けるジャックは、グラハムが雇ったマッカーシーという下請け業者が核を横流ししていた事を知る。父親はグラハムの失態を隠ぺいし、自らの手でマッカーシーを捕らえるため、1時間前に武装チームを連れマッカーシーのオフィスへ乗り込んだという。ジャックはCTUに応援を要請し、マッカーシーのオフィスへと急行する。

ポイント

●キング・オブ・TVシリーズとして不動の人気を獲得した「24」シリーズ最新作。
●「アリー・マイ・ラブ」のピーター・マクニコル、レジーナ・キングなど今回もクセありの濃い脇キャラが充実。
●シーズンVラストで中国政府に拉致されたジャック。
あれから約2年後、政府の極秘の働きかけで帰国したジャックに告げられた究極の任務とは……
朝6時から始まる、不眠不休の24時間。

収録特典

88分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●特別収録『ボーンズ』シーズン1 第1話「墓地の眠れぬ魂」

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント