ロッキー・ザ・ファイナル <特別編>
Rocky Balboa

ブルーレイディスクで新登場。ロッキー・シリーズの最終章。NEVER GIVE UP!

MGM2006年度作品 / アメリカ

キャスト&スタッフ

ロッキー…シルベスター・スタローン(羽佐間 道夫)
ポーリー…バート・ヤング(富田耕生)
マリー…ジェラルディン・ヒューズ(高島雅羅)
ロバート(ロッキーJr)…マイロ・ヴィンティミリア(竹若拓磨)

監督・脚本:シルベスター・スタローン
製作総指揮:アーウィン・ウィンクラー/ロバート・チャートフ
音楽:ビル・コンティ

●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:平田勝茂

ストーリー

30年前に世界ヘビー級王者アポロ・クリードと互角以上の大熱戦を繰り広げて以来、ボクシング界の栄光の階段をのぼりつめたロッキー・バルボア。しかしリングを去った彼は、愛する妻エイドリアンに先立たれ、地元フィラデルフィアで経営するイタリアン・レストランで、客の求めに応じて現役時代の昔話を語って聞かせる日々を送っていた。息子のロバートは有名人である父に引け目を感じて家を飛び出し、彼と顔を合わせようとはしない。エイドリアンの命日に墓参りをしたロッキーは、自らの孤独を痛感せずにいられなかった。
ロッキーは心の喪失感をぬぐうため、再びボクシングを始めることを決意する。彼は今もなお胸の奥底に情熱が燻っていることを感じ、プロ・ボクサーに復帰したものの、大きな野望を抱いているわけではなかった。しかし、ある番組がきっかけで、現役ヘビー級チャンピオン、ディクソンとのエキシビジョン・マッチが企画され、ロッキーは最後の夢に向かって猛トレーニングを始めた。そして、遂に大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングに上がっていく……。

ポイント

●50GB!の大迫力
収録特典満載

収録特典

102分 2層 カラー
1.英語 5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語 5.1ch DTS
1.英語字幕
2.日本語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/ビスタ・サイズ

●シルベスター・スタローンによる音声解説
●メイキング映像集
・「ロッキー・ザ・ファイナル」 最終ラウンドまで ※
・技術 対 精神力: メイキング・オブ・「ロッキー・ザ・ファイナル」
・リングのリアリティー: “最後の戦いを撮影する”
・バーチャル・チャンピオン: “コンピューター試合を作る” ※
・NGシーン集
●未公開シーン集 (7種)
・ポーリーの絵
・朝の光景
・昔なじみのバー (オリジナル・バージョン)
・ポーリーの荷物
・ロッキーとステップスの会話
・落ち込むポーリー
・スパーリング
●もうひとつのエンディング
●隠しコマンド ※

※ブルーレイディスクのみの収録特典

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント