から騒ぎ
Much Ado About Nothing

恋の甘さと苦味、愛の情熱と恥じらいをすべて抱きしめたい!
シェイクスピアの躍動が、オールスター・キャストでいま甦る。

MGM1993年度作品 /  

キャスト&スタッフ

べネディック…ケネス・ブラナー(安原義人)
ドグベリー…マイケル・キートン(伊藤和晃)
クローディオ…ロバート・ショーン・レナード(宮本充)
ドン・ジョン…キアヌ・リーブス(江原正士)
ベアトリス…エマ・トンプソン(塩田朋子)
ドン・ペドロ…デンゼル・ワシントン(金尾哲夫)
ヒーロー…ケイト・ベッキンセール(山像かおり)

監督・脚色・製作:ケネス・ブラナー
製作:スティーヴン・エヴァンズ/デヴィッド・パーフィット
原作:ウィリアム・シェイクスピア
撮影:ロジャー・ランサー
音楽:パトリック・ドイル

●字幕翻訳:細川直子 ●吹替翻訳:石原千麻

ストーリー

戦いから帰還したアラゴン王国のドン・ペドロ王子率いる部隊は、田園地帯メシーナにやってきた。ペドロの右腕で若くハンサムな伯爵クローディオは、メシーナを治めるレオナートの娘ヒーローに想いを寄せ、彼女との結婚を夢みる。兄の信頼を得ているクローディオを毛嫌いするペドロの異母弟ドン・ジョンは、結婚を阻止しようと画策するが……。

ポイント

●シェイクスピアによるロマンティック喜劇をオールスター競演で映画化。シェイクスピアの映画化としてはゼフィレッリ版『ロミオとジュリエット』に次ぐヒットを収めた。
●監督・脚色・出演の3役をつとめたケネス・ブラナーの若さとエネルギーあふれる演出や、デンゼル・ワシントン、キアヌ・リーブス、エマ・トンプソンらの脂がのりきった演技も必見。
●ケイト・ベッキンセールは本作が映画デビューとなる。
●ロケ地となったイタリア・トスカーナの風景も素晴らしく、躍動感あふれるオープニング、夢見心地なワンショットのラストには、映画ならではの美しさが詰まっている。

収録特典

111分 2層 カラー
1.英語 2.0chサラウンド DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語 2.0chサラウンド ドルビー・デジタル
1.日本語字幕
2.英語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/ビスタ・サイズ
MPEG-4 AVC

●“Making Ado About Nothing”(日本語字幕未収録)
●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント