ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ vol.6
Americans, The

FBIも存在を知らない【S級スパイ】の任務を描く、サスペンス・アクション!

この夫婦、核兵器より危険

FOX2013年度作品 /  

キャスト&スタッフ

エリザベス・ジェニングス…ケリー・ラッセル(小林さやか)
フィリップ・ジェニングス…マシュー・リス(加瀬康之)
スタン・ビーマン…ノア・エメリッヒ(咲野俊介)

製作総指揮・企画:ジョー・ワイズバーグ

●字幕翻訳:田邉拓郎/額賀深雪
●吹替翻訳:伊勢田 京子/亀井玲子

ストーリー

■第11話「師の暗殺」
FBIはジューコフ将軍を含むKGB上層部の暗殺を実行する。KGBはこれ以上の抗争激化を避けるため報復はせず幕を引く決断をする。しかしそれを知ったエリザベスは、本部の命令を無視し、暗殺を命じたCIA責任者を殺すために動き出す。

■第12話「誓い」
プリンスが「対弾道ミサイル開発に関する情報源を見つけた」と持ちかけてきた。しかし5万ドルが必要だと言う。エリザベスたちはFBIの罠を疑い、ある作戦に出る。その頃、ヴァイオラが重荷に耐えかね、国防長官夫人に自分のしたことを打ち明けていた。一方、局内で更に信頼されるようになったニーナは……。

ポイント

●オモテの顔は普通の夫婦――だが正体は、アメリカ人になりすました【ロシア人スパイ】
潜入、暗殺、ハニートラップなどあらゆる手を駆使したスパイ・ミッションと、彼らを追うFBIとの攻防戦をスリリングに描く!
●アメリカで普通の夫婦を装い任務をしていた【実在のスパイ】がモデル。
元CIAのスパイが企画・製作総指揮をしているだけに、圧倒的リアリティ!
●80年代の米ソの緊張の中で、仮面夫婦に生まれる愛と裏切り、揺らぐ正義、敵への情……。
ただのスパイ物ではおさまらない、奥行きのある人間ドラマも必見。
●第74回ゴールデン・グローブ賞2部門ノミネート! エミー賞5年連続ノミネート、2回受賞!
辛口批評家サイトのロッテントマトでは、「ウォーキング・デッド」、「ゲーム・オブ・スローンズ」を抜いて95%のポイントを獲得。
●『M:i:III』のケリー・ラッセル、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のマシュー・リスによる豪華共演。

●[R-15アイコン]15歳未満の方は、ご覧になれません。
※[R-15アイコン]のところには共通アイコンを追加して下さい。

●本作品には一部不適切と思われる表現が含まれる場合がありますが、ある特定の団体及び個人の方に対する攻撃や差別を意図するものではございませんので予めご了承下さい。

収録特典

84分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『APB ハイテク捜査網』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント