バス停留所
Bus Stop

“セックス・シンボル”から“演技派”へ──
マリリン本格女優としての代表作!

FOX1956年度作品 /  

キャスト&スタッフ

シェリー…マリリン・モンロー(向井真理子)
ボー…ドン・マレー(橋本 功)
バージ…アーサー・オコンネル(山内雅人)

監督:ジョシュア・ローガン
製作:バディー・アドラー
脚本:ジョージ・アクセルロッド

●字幕翻訳:保田道子

ストーリー

ハリウッド・スターを夢見る安カフェの歌姫シェリー。ロデオ大会にやってきた無鉄砲なカウボーイ、ボーに惚れ込まれ彼の強引さに逃げ回りながらもいつしか心を奪われていく……。

『七年目の浮気』の後、エリア・カザンの名門演技スクール“アクターズ・スタジオ”に入り、セックス・シンボルから演技派女優への脱皮を試みてトレーニングを重ねたマリリン。本作での演技は評論家に高く評価され見事本格女優として開眼した。ブロードウェイの演出家から転身した『南太平洋』のジョシュア・ローガンが『ピクニック』に続いて原作ウィリアム・インジとコンビを組んだ舞台劇の映画化。本作が映画初主演となるドン・マレーがアカデミー賞(R)にノミネートされた。

ポイント

●本格的女優としてその演技力を批評家から高く評価された、マリリン渾身の作品。
●4Kデジタル・トランスファーマスター採用の美しさ際立つブルーレイ!
●日本語吹替音声計約92分収録。
※現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

95分 2層 カラー
1.英語 DTS-HDマスター・オーディオ 4.0ch (ロスレス)
2.日本語 DTSデジタル・サラウンド 4.0ch
1.日本語字幕
2.英語字幕
HDワイドスクリーン 1920×1080p/シネマスコープ
MPEG-4 AVC

※ブルーレイのみの収録特典
●オリジナル劇場予告編
●マリリン・モンロー出演作品 劇場予告編集※

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント