続・夜の大捜査線
They Call Me Mr. Tibbs!

霧のサンフランシスコを舞台にティッブスの推理が冴えるシリーズ第二弾!

MGM1970年度作品 /  

キャスト&スタッフ

バージル・ティッブス:シドニー・ポワチエ
ローガン・シャープ:マーティン・ランドー
バレリー・ティッブス:バーバラ・マクネア
ウィードン:アンソニー・ザーブ
ガーフィールド:エドワード・アズナー
パフ:ビバリー・トッド

監督:ゴードン・ダグラス
製作:ハーバート・ハーシュマン
製作総指揮:ウォルター・ミリッシュ
原作・脚本:アラン・R・トラストマン
脚本:ジェームズ・R・ウェッブ
撮影: ジェラルド・ペリー・フィンナーマン
音楽: クインシー・ジョーンズ

●字幕翻訳:古田由紀子

ストーリー

サンフランシスコ警察殺人課の敏腕警部補バージル・ティッブスは、生意気盛りの息子アンディに手を焼きながらも妻バレリー、娘ジンジャーと共に幸せに暮らしていた。ティッブスの友人で牧師のローガン・シャープは人望も厚く市民運動を指導していたが、気にかけていた売春婦のジョイが殺されたため殺人容疑者になってしまう。ジョイのアパートの大家であるウィードンに迫ったティッブスは、思いもかけぬ反撃を受け、逃げるウィードンを追った……。

ポイント

●アカデミー作品賞を含む5部門に輝いた名作『夜の大捜査線』の続編は、舞台を南部から、黒人警部補ティッブスが家族と住むサンフランシスコに移したミステリー・サスペンス。
●共演は『エド・ウッド』でアカデミー助演男優賞受賞、テレビ「スパイ大作戦」シリーズでおなじみのマーティン・ランドー、『007/消されたライセンス』『マトリックス リローデッド』の個性派俳優アンソニー・ザーブ。脚本に『華麗なる賭け』『ブリット』のアラン・R・トラストマンを迎え、『電撃フリント・アタック作戦』『放射能X』のゴードン・ダグラスが監督した。
●音楽はジャズ界の名アレンジャー&プロデューサーであり、70年代前半に『ホットロック』『ゲッタウェイ』などクールな名曲を送り出していたクインシー・ジョーンズ。

収録特典

109分 片面1層 カラー
1.英語 モノラル
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント