華麗なる賭け
Thomas Crown Affair, The

銀行強盗を命じたセレブと、真相を追う保険調査員。スリリングな駆け引きの果てに笑うのは?

MGM1968年度作品 /

キャスト&スタッフ

トーマス・クラウン…スティーブ・マックィーン(宮部昭夫)
ビッキー・アンダーソン…フェイ・ダナウェイ(平井道子)
エディ・マローン警部補…ポール・バーク(羽佐間道夫)
アーウィン…ジャック・ウェストン(兼本新吾)

監督:ノーマン・ジュイソン
製作:ノーマン・ジュイソン
脚本:アラン・R・トラストマン
音楽:ミシェル・ルグラン

●字幕翻訳:大野隆一 ●吹替翻訳:飯嶋永昭
●吹替協力:飛行鬼/越智康之/(株)フィールドワークス

ストーリー

危険な冒険に魅せられているセレブ紳士のトーマス・クラウンは、かねてより計画していた銀行強盗を初顔合わせの男たちに命じ、見事に成功。その後、銀行が加入していた保険会社の調査員ビッキーは、マローン警部補と協力して調査を行ううち、トーマスを犯人と睨むようになるものの、同時に彼に心惹かれてしまう。一方クラウンは、再び銀行を襲って南米に逃れる計画をビッキーに打ち明けた後、その計画を実行に移すのだが……。

ポイント

●大スター、スティーブ・マックィーンとフェイ・ダナウェイの代表作の1本。『夜の大捜査線』のノーマン・ジュイソン監督による、ゴージャスかつスタイリッシュなピカレスク・ロマン。
●冒険心を満たすために銀行強盗を命じたセレブと、真相を追いつつも彼に恋した保険調査員。男と女、スリリングな駆け引きの果てに笑うのはどちら?
●強奪シーンなどのマルチ画面処理は『24 -TWENTY FOUR-』などの先駆け。60年代ファッションに身を包むダナウェイのキュートな魅力。スーツ姿できめるマックィーンの粋。
●ミシェル・ルグラン作曲の主題歌『風のささやき』はアカデミー賞歌曲賞受賞。
●99年にジョン・マクティアナン監督、ピアース・ブロスナン主演『トーマス・クラウン・アフェアー』としてリメイク。

※日本語吹替音声は、現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分は字幕スーパーとなっております。

収録特典

103分 片面1層 カラー
1.英語 モノラル
2.日本語 モノラル
1.日本語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント