インドへの道
Passage to India, A

マラバー洞窟の中で何が起こったのか。
植民地時代のインド社会を描いたデイビッド・リーン監督の遺作。

MGM1984年度作品 /

キャスト&スタッフ

アデラ・ケステッド…ジュディ・デイヴィス
アジズ医師…ヴィクター・バナルジー
モア夫人…ペギー・アシュクロフト

監督・脚本:デイビッド・リーン
製作:ジョン・ブラボーン/リチャード・グッドウィン
原作:E・M・フォースター
音楽:モーリス・ジャール

●字幕翻訳:清水俊二

ストーリー

フィアンセを訪ね、義母と共にイギリス植民地時代のインドを訪れた女性アデラ。ふとした誤解から、案内をしてくれた現地人のアジド医師が彼女に暴行したという容疑をかけられ、反英運動の渦に巻き込まれていく。

ポイント

◎1984年度(第57回)アカデミー賞助演女優賞(ペギー・アシュクロフト)・作曲賞(モーリス・ジャール)受賞
 ゴールデングローブ賞外国映画賞・助演女優賞・音楽賞受賞
 NY批評家協会賞作品賞・女優賞・監督賞受賞
 LA批評家協会賞助演女優賞受賞
●「逢びき」「旅情」「戦場にかける橋」「アラビアのロレンス」のデイビッド・リーン監督作品
●イギリス最高の女優と謳われるペギー・アシュクロフトが出演。最高の演技を披露する!
●植民地時代のインドを壮大なスケールで描く超大作。

収録特典

164分 片面2層 カラー
1.英語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント