蜘蛛女
Romeo Is Bleeding

愚かな男の死骸がゴロゴロ。
蜘蛛の巣に絡まっていく獲物の様に、男は破滅へ向ってゆく――。

MGM1994年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジャック・グリマルディ…ゲイリー・オールドマン(安原義人)
モナ・デマルコフ…レナ・オリン(谷 育子)
ナタリー…アナベラ・シオラ(一柳みる)
シェリー…ジュリエット・ルイス(渡辺美佐)

監督:ピーター・メダック
製作:ヒラリー・ヘンキン/ポール・ウェブスター
製作総指揮:エリック・フェルナー/ティム・ビーヴァン
脚本:ヒラリー・ヘンキン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:マーク・アイシャム

●字幕翻訳:岡田壯平 ●吹替翻訳:武満真樹

ストーリー

聡明で愛らしい妻との平凡な生活、出世の見込みも薄い冴えない自分――。そんな日々に嫌気がさしたNYの刑事ジャックは、FBIが保護するマフィアの裏切り者の情報をマフィアに横流しして、報酬を得る汚職に手を染めていた。ロシア人の殺し屋モナもそんなジャックの“カモ”の1人になるはずだったが、彼女がFBIの手を逃れたことから、ジャックはマフィアにモナを消すよう脅迫される……。

ポイント

●映画史に残る究極の“危険な女”を演じるのは『存在の耐えられない軽さ』で一躍注目を集め、個性派俳優として活躍するレナ・オリン。強烈な悪女ぶりは一度見たら忘れられない印象を残す。
●悪女の罠にはまり破滅していく男を演じるのは『シド・アンド・ナンシー』で、麻薬中毒のシド・ヴィシャスを熱演し注目を集め、最近では、『ハリー・ポッター』シリーズのシリウス・ブラック役で新境地を開拓したゲイリー・オールドマン。
●男の愛人役にはエキセントリックな魅力溢れるジュリエット・ルイス(『カリフォルニア』『ギルバート・グレイプ』)。
●冷酷な悪女に振り回され破滅していく男のさまを、息もつかせぬ展開の傑作に仕上げたのは『チェンジリング』のピーター・メダック監督。

収録特典

110分 片面1層 カラー
1.英語 ステレオ
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント