ある戦慄
Incident, The

密室と化した深夜の地下鉄。ナイフを持った暴漢が乗客たちの仮面を剥ぎ取る!

FOX1967年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョー…トニー・ムサンテ
アーティ…マーティン・シーン
テフリンジャー一等兵…ボー・ブリッジス
カーマッティ一等兵…ロバート・バナード
バーサ…セルマ・リッター
アーノルド…ブロック・ピータース
ジョーン…ルビー・ディー
アリス…ドナ・ミルズ
トニー…ヴィクター・アーノルド
サム…ジャック・ギルフォード

監督:ラリー・ピアース
製作:エドワード・メドウ/モンロー・サクソン
脚本:ニコラス・E・ベア
撮影:ジェラルド・ハーシュフェルド
編集:アーモンド・レボウィッツ
音楽:テリー・ナイト
編曲・指揮:チャールズ・フォックス

●字幕翻訳:藤本 聡

ストーリー

ニューヨーク・ブロンクス。夜の街を闊歩するジョーとアーティのチンピラ二人組は通行人を暴行して小銭を巻きあげると、マンハッタン行きの地下鉄に乗車する。そこには幼い少女を連れたウィルクス夫妻、アリスとトニーの若いカップル、年老いたベッカーマン夫妻、教師のパーヴィスと美人の妻バーサ、白人を憎んでいる黒人アーノルドとその妻、同性愛者のケネス、休暇中の陸軍一等兵などが乗っていた。ジョーとアーティは乗客をからかい始める。ドアが故障して他の車両へ移動できないため誰も逃げられない。すると乗客はチンピラに挑発され、日ごろの鬱憤を爆発させ、感情をむき出しにし、互いにののしり合い始める。調子に乗った2人は少女に手を出そうとする。そのとき、ついに立ち上がっって彼らに対決を挑んだのは意外な人物だった……。

ポイント

●本作が27歳での映画デビュー作となるマーティン・シーンは、テレンス・マリック監督の『地獄の逃避行〈V〉』(73)、フランシス・コッポラ監督の『地獄の黙示録』(79)などの名作で知られ、エミリオ・エステヴェス、チャーリー・シーンはじめ三男一女が全員俳優になった。近年はテレビシリーズ「ザ・ホワイトハウス」(99〜06)でアメリカ合衆国大統領を演じている。
●監督のラリー・ピアースはフットボール・スタジアムの10万人の観客をライフル犯が脅す心理パニック・サスペンスの大作『パニック・イン・スタジアム』(76)を撮っている。他の主な作品に『さよならコロンバス』(69) 『あの空に太陽が』(75)など。
●腕を怪我している陸軍一等兵を演じたのは、ジェフ・ブリッジスの兄で『あの空に太陽が』(75) 『ノーマ・レイ』(79) 『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(89) 『さらば、ベルリン』(06)のボー・ブリッジス。

※本作品には、一部不適切と思われる表現が含まれる場合がありますが、ある特定の団体及び個人の方に対する攻撃や差別を意図するものではございませんので予めご了承下さい。

収録特典

100分 片面1層 モノクロ
1.英語 ステレオ
1.日本語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント