マイノリティ・リポート vol.1
Minority Report

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮
システム崩壊後の世界を描いた近未来SFアクション

10年後、犯罪は再び予知される――

FOX2015年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ダッシュ…スターク・サンズ(佐藤拓也)
ヴェガ…ミーガン・グッド(小松由佳)
ウィル…ウィルマー・バルデラマ(伊丸岡篤)
アーサー…ニック・ザーノ(小松史法)
アガサ…ローラ・レーガン(園崎未恵)
ウォリー…ダニエル・ロンドン(土田 大)

製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
原案:フィリップ・K・ディック

●字幕翻訳:上田香子 ●吹替翻訳:竹本浩子

ストーリー

■第1話「不完全な予知能力」
2065年のワシントンDC。かつて犯罪予防局の予知能力保持者(プリコグ)であったダッシュは、殺人事件を予知する。犯行を止めるべく現場へと急ぐが、彼の目の前で女性は殺されてしまう。犯人を捕まえようと刑事のヴェガに接触を図った直後、彼は別の殺人事件を予知する。次の被害者は、犯罪予防局の元副長官の妻。ダッシュの双子の兄アーサーや、かつてプリコグの世話係であったウォリーの力を借り、2人は事件を防ぐために奔走する。

■第2話「シンデレラの靴」
ラトレッジの事件でヴェガは政府の連中に目を付けられる。
一方、ダッシュは女性が殺害されるビジョンを見るが、被害者の顔ははっきりと映っていなかった。そこでアーサーに協力を仰ぐが、見返りに過去のある事件の捜査資料を入手するように要求される。ダッシュとヴェガは被害者が訪れたクラブに潜入して犯人の目星をつけるが、被害者を特定することができず、結局アーサーの要求をのむことに。

ポイント

●トム・クルーズ主演映画『マイノリティ・リポート』のエンディングから10年後の世界を描く。
映画では描き切れなかったプリコグたちの真相と犯罪予知システムなき未来を描く。映画で活躍したキャラクターたちも登場し興奮はMAX。
●スティーブン・スピルバーグ監督作品で初のTVシリーズ化を自身で手掛ける。
●MIT(マサチューセッツ工科大学)が監修した近未来映像が凄い!
近未来のビジュアル効果や最先端のハイテク技術は映画そのもの。さらに進化を遂げた世界に再び心奪われる。

収録特典

90分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『Empire/エンパイア 成功の代償』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント