摩天楼ブルース
Defiance

愛のため、友のため、ひとりの男がギャングに立ち向かう!
ジャン=マイケル・ヴィンセント主演で放つバイオレンス・アクション!

MGM1979年度作品 /  

キャスト&スタッフ

トミー…ジャン=マイケル・ヴィンセント(津嘉山正種)
エイブ…アート・カーニー(久米 明)
カーマイン…ダニー・アイエロ(神山卓三)
マーシャ…テレサ・サルダナ(戸田恵子)
エンジェル・クルス…ルディ・ラモス(勝部演之)

監督:ジョン・フリン
製作:ウィリアム・S・ギルモア/ジェリー・ブラッカイマー
撮影:リック・ウェイト
音楽:ドミニク・フロンティア

●吹替翻訳:鈴木 導

ストーリー

ニューヨーク、ブルックリンのスラム街にトミーというひとりの航海士がやってきた。彼は停職中で、安アパートを見つけるとこのうす汚いロウアー・イーストサイドで、次の船が決まるまで居つくことにしたのだ。雑貨屋に行ったトミーは、そこの主人エイブから、プエルトリコのチンピラグループ“ソウル”たちにより、町の住民が苦しめられていることを聞く。ひょんなことで知り合った少年のキッドや、上階に住む黒髪の美女マーシャたちとともに平和な時を過ごすが、それもつかの間、やがてソウルの被害はトミーの友達や愛するものたちにも及び、遂に彼はただひとり立ち上がるのだった……。

ポイント

流れ者の船乗りが、大切な恋人や友人を守るため、町を荒らす卑劣なギャングたちに挑む姿を描いたハードボイルド・アクション。主演は『ビッグ・ウェンズデー』でハリウッドスターに躍り出て、これが次の作品となったジャン=マイケル・ヴィンセント。脇を固めるのは『ハリーとトント』のオスカー俳優アート・カーニーをはじめとした実力派たち。監督は『ローリング・サンダー』など、男臭いアクション映画に定評のあるジョン・フリン。終盤の男たちの怒りが爆発する壮絶な戦いは圧巻。
●主演のジャン=マイケル・ヴィンセントは当時『ビッグ・ウェンズデー』(78)に主演して、トップ・スターの仲間入りを果たし、その後も大ヒットTVシリーズ「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」(84〜87)でお茶の間でも人気となった。サーフィンを得意とし、かなりのスポーツマンで、その鍛えられた肉体を本作でも披露している。その他の代表作は『大いなる男たち』(69)、『メカニック』(72)、『弾を噛め』(75)、『世界が燃えつきる日』(77)、『グレートスタントマン』(78)、『バッファロー'66』(98)など。
●雑貨屋の店主を演じるのは、『ハリーとトント』(74)で初主演し、見事アカデミー賞主演男優賞とゴールデングローブ男優賞に輝いたアート・カーニー。
●監督は『組織』(73) 、『ローリング・サンダー』(77)など耐え抜いた末に爆発する男を圧倒的な力量で描くジョン・フリン。そのタイトで力強い演出は本作以降も冴えわたり、スタローンの『ロックアップ』(89)や、セガールの『アウト・フォー・ジャスティス』(91)といった、大物アクション・スターの主演作でも存分に堪能することができる。
●製作に名を連ねるのは80年代以降、『フラッシュダンス』(83)、『ビバリーヒルズ・コップ』(84)、『トップガン』(86)、『バッドボーイズ』(95)、『ザ・ロック』(96)、『アルマゲドン』(98)など次々と大ヒット作を連発したジェリー・ブラッカイマー。2000年代以降も、『パール・ハーバー』(01)、『ブラックホーク・ダウン』(01)、『パイレーツ・オブ・カリビアン』(06〜)シリーズなど、ブロックバスター級の人気作品を生み出し続けている。

吹替音源協力:諏阜野四郎頭、(株)フィールドワークス

※日本語吹替音声 計約95分収録。
※日本語吹替音声は、現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

103分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 1.0ch
2.日本語 ドルビーデジタル 1.0ch
1.日本語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント