はやぶさ/HAYABUSA
Hayabusa

JAXA全面協力! 7年間、60億キロ―― 日本中に勇気をくれたはやぶさとそれを支えた人々を描く感動の物語

映画の言葉“失敗ではなく成果 その成果があったからこそ進歩があった”

FOX2011年度作品 /  

キャスト&スタッフ

水沢 恵…竹内結子
的場泰弘…西田敏行
坂上健一…髙嶋政宏
川渕幸一…佐野史郎
田嶋 学…山本耕史
喜多 修…鶴見辰吾

監督:堤 幸彦
脚本:白崎博史/井上 潔
主題歌:fumika「たいせつな光」(Ariola Japan)
ノベライズ:「はやぶさ/HAYABUSA」(角川文庫、角川つばさ文庫)
参考書籍:「はやぶさ君の冒険日誌」(毎日新聞社)
製作総指揮:フォックス・インターナショナル・プロダクションズ
企画/製作プロダクション:アグン・インク
協力:JAXA 宇宙航空研究開発機構 Japan Aerospace Exploration Agency
製作:20世紀フォックス映画/20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン/角川書店/アグン・インク/ソニー・ミュージックエンタテインメント/電通/オフィスクレッシェンド/毎日新聞社
(C)2011「はやぶさ/HAYABUSA」フィルムパートナーズ

ストーリー

博士を目指しながら論文を書き続ける水沢恵のもとに、一本の電話がかかってくる。その声の主は宇宙科学研究所(現:JAXA 宇宙航空研究開発機構)の的場だった……2010年6月13日。小惑星〈イトカワ〉調査を目的に、2003年5月に日本から打ち上げられた小惑星探査機はやぶさが地球に帰還した。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るというミッションは、NASAでさえ成し得なかった人類初の快挙だった。7年間、60億キロにも及ぶ旅は、絶体絶命のピンチの連続。大きなプレッシャーと次々と降りかかるトラブルに、メンバーたちはどのように立ち向かっていったのか……。

ポイント

●世界に誇るはやぶさの誕生から帰還までを語る真実の物語
宇宙業界関連者、映画業界社からの評価は高く、さらにYAHOOポイントでも4.2の高得点
●俳優陣の完全コピーぶりはJAXAスタッフのお墨付き、まさしく実話
●充実のオーディオ・コメンタリー
はやぶさ関係者が映画本編だけではなく、オーディオ・コメンタリーにも協力。映画の裏側から実際のミッションの様子まで、より映画を楽しめる充実の内容

収録特典

140分 片面2層 カラー
1.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

●髙嶋政宏(坂上健一役)、矢野創(サンプル採取/カプセル回収担当)、寺薗淳也(インターネット広報担当)、井上潔(プロデューサー/共同脚本)による音声解説
●入選イラスト集

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント