glee/グリー シーズン5 vol.5
glee Season5

君のために、夢を諦めない

FOX2014年度作品 /  

キャスト&スタッフ

レイチェル…リー・ミッシェル(坂本真綾)
ウィル…マシュー・モリソン(森川智之)
カート…クリス・コルファー(石井 真)
サンタナ…ナヤ・リヴェラ(林りんこ)

製作総指揮:ライアン・マーフィー

●字幕翻訳:馬場亮子/亀谷奈美 ●吹替翻訳:野口尊子

ストーリー

■第9話「友情と裏切り」
NYでなかなか芽が出ないサンタナは自暴自棄に。対してすべてが順調なレイチェルは、彼女を心配していた。そんな中、レイチェルの代役のオーディションが開かれる。そこに登場したのは、ライバル心むき出しのサンタナだった。レイチェルは「自分の役を奪おうとしている」と大激怒。因縁のふたりの大バトルが勃発する。一方、マッキンリー高校では卒業生総代の座をかけて、アーティとティナが争うことに。この2つの対決は、いったいどうなる?

■第10話「スターチャイルド争奪戦」
卒業式が迫る中、グリークラブを離れるための心の準備ができないティナは、“卒業”を連想させる言葉を聞くだけで泣き出してしまうほどナーバスになっていた。そんな彼女を見かねたブレインとサムは、学校でオールナイト・パーティをしようと提案するが……。NYでは、エリオットの部屋にレイチェルが推し掛けて、同居することに。しかし、エリオットはレイチェルとサンタナのケンカにウンザリし、バンドをやめると言い出す。

ポイント

●レイチェルのオーディション最終選考の結果は!? カート&ブレインがついに結婚!?
サンタナはカートとバンド結成!? そして、グリークラブには廃部という最大の危機が……。
予想も出来ない展開が連続の絶対見逃せないシーズン!
●祝第100話記念エピソード! 歴代gleeキャスト大集合で大盛り上がり!(第12話)
●2013年7月、突然帰らぬ人となった、俳優コーリー・モンテース。
コーリー、そしてフィンへと捧げる追悼エピソード「大好きだったフィンへ」 を収録。(第3話)
●クイーンのヴォーカルとしても活躍するアダム・ランバート、『アナと雪の女王』のエンドソング「Let It Go」を歌ったデミ・ロヴァートが準レギュラー出演!
●ついにビートルズ・トリビュートが実現!(第1話&第2話)
「Yesterday」「Help」「All You Need Is Love」「Hey Jude」「Let It Be」など……、誰もが知る名曲が満載!さらにビリー・ジョエル特集、レディー・ガガ vs ケイティ・ペリー特集に、「Happy」(ファレル・ウィリアムス)、「Wake Me Up」(アヴィーチー)、「Story Of My Life」(ワン・ダイレクション)などの最新曲まで、充実の楽曲ラインナップ!
●ラストとなるシーズン6が2015年に米国で放映開始予定! まだまだglee旋風は止まらない!
●各ディスクに「ジューク・ボックス機能」付き! パフォーマンス・シーンだけを存分に堪能できる!
※一部「ジューク・ボックス」機能の対象楽曲でないものもございます。また、対象楽曲であっても権利の都合上、字幕が無い楽曲も含まれますので予めご了承下さい。

収録特典

88分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●ジューク・ボックス
●<特別収録>『キリング/26日間』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント