PLANET OF THE APES/猿の惑星
Planet of the Apes

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』公開記念!
鬼才ティム・バートンが放つ、リ・イマジネーション版「猿の惑星」!
暴力と知性を兼ね備えた猿たちと、惑星からの脱出をめざす人類の壮絶な戦い!

映画の言葉 “権力は暴力と結びつくのよ”

FOX2001年度作品 /  

キャスト&スタッフ

レオ・デイビッドソン大尉…マーク・ウォールバーグ(横堀悦夫)
セード…ティム・ロス(山路和弘)
アリ…ヘレナ・ボナム=カーター(唐沢 潤)
アター…マイケル・クラーク・ダンカン(青森 伸)
リンボー…ポール・ジアマッティ(岩崎ひろし)
デイナ…エステラ・ウォーレン(岡 寛恵)
クラル…ケリー・ヒロユキ・タガワ(楠見尚巳)

監督:ティム・バートン
脚本:ウィリアム・ブロイルスJr./ローレンス・コナー/マーク・ローゼンタール
原作:ピエール・ブール
製作:リチャード・D・ザナック
撮影:フィリップ・ルースロ,AFC/ASC
音楽:ダニー・エルフマン
特殊メイクアップ効果デザイン&クリエイト:リック・ベイカー
特殊視覚効果:ILM(インダストリアル・ライト&マジック)

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:久保喜昭

ストーリー

2029年、惑星間の偵察を任務とする宇宙探索基地“オベロン”は磁気嵐による宇宙空間の異常を発見する。特殊訓練を受けたチンパンジー、ペリクリーズが調査のため送り出されるが、通信が途絶。宇宙飛行士レオは上官の制止を無視してペリクルーズの後を追った。しかし、レオの偵察ポッドは近くの惑星に墜落。危機一髪のところで緊急脱出したレオだが、逃げ惑う原始的な人間を狩って楽しむ、言葉を話す猿の武装集団と遭遇し愕然とする。――この地は猿が支配する猿の惑星だったのだ!

ポイント

●そのユニークな設定と衝撃のラストでSF映画の金字塔となった68年作品「猿の惑星」を、「シザーハンズ」「バットマン」のティム・バートン監督が再映画化。リメイクを超えたリ・イマジネーション(再創造)として甦る!

収録特典

120分 片面2層 カラー
1.英語 5.1ch DTS
2.英語 5.1chサラウンド
3.日本語 5.1chサラウンド
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

●隠しコマンド

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント