バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 ファイナル・シーズン vol.2
Burn Notice Season7

最後まで目が離せない大ヒットスパイ・アクション最終章。
ラスト5分を見逃すな!

さらばマイケル−元スパイへの最後通告(ルビ:ファイナル・ノーティス)!

FOX2013年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第3話「射程距離」
再びドミニカ。ついに接触してきたバークの信用を得たマイケルは民間の軍事会社からトラックごと盗聴防止装置を奪う仕事を依頼される。バークはこれをテロリストのセラーノに高く売りつけようとしていた。この情報に大物テロリスト2人を一挙に逮捕できるチャンスだと張り切るCIAのストロング。しかし、バークの目的は金ではなくセラーノからある情報を引き出すことだった。さらにバークの上にボスがいることも判明し、待ち伏せしたCIAは発見されてしまう。このままではマイケルがCIAの潜入捜査員だとバークにバレてしまう……!

■第4話「同志」
バークがセラーノから引き出した情報は、キューバでロシア当局に監禁されているソーニャという女のことだった。どんな手を使っても彼女を救い出そうとするバーク。組織の全貌を掴むためこれにも協力する振りをしなくてはならないマイケルはサムとジェシーの力も借りてロシアの施設内へ入り込む。が、さらなるサポートが必要となり不本意ながらマイアミのフィオナにも連絡する。フィオナは内心複雑な思いを抱きながらも黙って協力する。銃撃をくぐりぬけ命がけでソーニャの奪還に成功するマイケル達だったが、脱出直後に彼女は思いがけない行動に出る。

ポイント

●ついにグランド・フィナーレ! ファイナルにふさわしいスピード感で引き込まれる怒涛の展開!
●かつてない移動距離でスケール感さらにup!
ドミニカ→マイアミ→キューバ→ラングレー(CIA本部)地球規模で活躍するマイケル。
さらに、過去のアイルランド、ウクライナ、チェチェンなど知られざる活動も明かされる。
●個性的な新キャラクターに加え、マイケルの過去、フィオナとの出会いなど今までと一味違うエピソードが満載。
●最終シーズンにしてマイケルの新たな魅力が炸裂、今シーズンは超シリアス!
●第2話(vol.1収録)はマイケルとフィオナの初めての出会いを描くエピソードでジェフリー・ドノヴァン自ら監督。
●最終話(vol.7収録)には製作総指揮のマット・ニックスがリポーター役で顔出し出演。

収録特典

86分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『SLEEPY HOLLOW(原題)』第1話

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント