バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 ファイナル・シーズン vol.1
Burn Notice Season7

最後まで目が離せない大ヒットスパイ・アクション最終章。
ラスト5分を見逃すな!

さらばマイケル−元スパイへの最後通告(ルビ:ファイナル・ノーティス)!

FOX2013年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子 ●吹替翻訳:大森久美子/笹部祐三子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第1話「新たな取引」
家族&友人の釈放と交換条件にCIAに復帰したマイケルはドミニカ共和国にいる。ファイトクラブで日銭を稼ぐアル中の元スパイという毎日。実はテロ組織のリーダー、バークが接触してくるのをじっと待つという潜入捜査だった。一方、マイアミの友人たちサム、ジェシー、フィオナはそれぞれが新生活を始めており、マイケルのいない日常に慣れてきたところだった。そんな彼らに対し、マイケルの近況をさぐる不審な男が接触してくる。不安に思ったサムはフィオナにマデリンの護衛を頼むが、言葉巧みに誘導されてつい「息子はCIAの任務についている」と話してしまう。

■第2話「別れのキス」
謎の男ギャンブルにうっかりマイケルの消息を漏らしたマデリンは、息子の生死に関わる失敗をしたとパニック状態。そしてサム達が止めるのも聞かず政府機関に直接乗り込むが、そこで待っていたのはマイケル本人だった。厳しい態度で母親の行動を諌める息子に戸惑いつつもとにかくマデリンは胸をなでおろす。一方、マイケル親子のためにもギャンブルを自分たちで始末しようとしたサム達だったが、不意をつかれたフィオナが拉致されてしまう。CIAの連絡員ストロングは勝手に動くなと命じるがその制止を振り切りマイケルは彼女の救出に向かう。

ポイント

●ついにグランド・フィナーレ! ファイナルにふさわしいスピード感で引き込まれる怒涛の展開!
●かつてない移動距離でスケール感さらにup!
ドミニカ→マイアミ→キューバ→ラングレー(CIA本部)地球規模で活躍するマイケル。
さらに、過去のアイルランド、ウクライナ、チェチェンなど知られざる活動も明かされる。
●個性的な新キャラクターに加え、マイケルの過去、フィオナとの出会いなど今までと一味違うエピソードが満載。
●最終シーズンにしてマイケルの新たな魅力が炸裂、今シーズンは超シリアス!
●第2話(vol.1収録)はマイケルとフィオナの初めての出会いを描くエピソードでジェフリー・ドノヴァン自ら監督。
●最終話(vol.7収録)には製作総指揮のマット・ニックスがリポーター役で顔出し出演。

収録特典

87分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●<特別収録>『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』第1&2話 特別編集版

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント