十二人の怒れる男<コレクターズ・エディション>
12 Angry Men

殺人事件の審議を巡る陪審員達の手に汗握る法廷劇の傑作!

映画の言葉“偏見は真実を曇らせる”

MGM1957年度作品 /  

キャスト&スタッフ

8番陪審員…ヘンリー・フォンダ(内田 稔)
1番陪審員…マーティン・バルサム(峰 恵研)
3番陪審員…リー・J・コッブ(宮川洋一)
10番陪審員…エド・ベグリー(金井 大)
4番陪審員… E・G・マーシャル(鈴木瑞穂)
7番陪審員…ジャック・ウォーデン(青野武)

監督:シドニー・ルメット
製作:ヘンリー・フォンダ/レジナルド・ローズ
脚本:レジナルド・ローズ

●字幕翻訳:進藤光太 ●吹替翻訳:平田勝茂

ストーリー

18歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の審議が始まった。誰が見ても彼の有罪は決定的であったが、一人の陪審員は無罪を主張。そして物語は思わぬ展開に!

ポイント

●社会派シドニー・ルメットが放つ、法廷サスペンスの代表作。
●「細部にいたるまで完ぺき」と絶賛された、主演のヘンリー・フォンダをはじめとするキャスト陣の演技が見もの。
●日本語吹替音声計約95分収録。
※現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

97分 片面2層 モノクロ
1.英語 モノラル
2.日本語 モノラル
1.日本語字幕
2.英語字幕

ヨーロピアンビスタ・サイズ

●ドリュー・カスパー(映画歴史家)による音声解説
●『十二人の怒れる男』製作の舞台裏
●陪審員室の真実

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント