まぼろしの市街戦
King Of Hearts

平和の狂気――
戦争の正気――
戦時下の町に繰り広げられるまぼろしの一日を、痛烈なユーモアと皮肉で描くブラック・コメディの傑作。

映画の言葉“人生はすべてスペクタクルです”

MGM1967年度作品 /  

キャスト&スタッフ

チャールズ・プランピック通信兵…アラン・ベイツ(富山 敬)
ゼラニウム将軍…ピエール・ブラッスール(雨森雅司)
公爵…ジャン=クロード・ブリアリ(広川太一郎)
コクリコ/コロンバイン…ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(信沢三恵子)
エグランティーヌ夫人…ミシュリーヌ・プレール(小原乃梨子)
公爵夫人…フランソワーズ・クリストフ(前田敏子)
アレクサンダー・マクビベンブルック大佐…アドルフォ・チェリ(大平 透)

監督・製作・脚本:フィリップ・ド・ブロカ
脚本:ダニエル・ブーランジェ
撮影:ピエール・ロム
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

●字幕翻訳:宍戸 正 ●吹替翻訳:不明

ストーリー

第一次大戦下、ドイツ軍に占領されたフランスの小さな田舎町。イギリス軍への置きみやげにと、ドイツ軍は大型爆弾を仕掛けて撤退して行った。フランス語ができるというだけで、通信兵のプランピックが町への潜入と爆破解除を命じられる。ところが彼が町に着いてみると、精神病院から逃げ出した患者たちとサーカスの動物が町を占拠していた……。

ポイント

●戦争の正気と狂気を痛烈に皮肉りながら、人の愚かさと崇高さををユーモアたっぷりに描く、映画史に残る奇跡のブラック・コメディ。
●フランス映画ヌーヴェル・ヴァーグの旗手であるフィリップ・ド・ブロガ監督の傑作代表作。
●富山敬、雨森雅司、広川太一郎、大平透、小原之梨子ら、オールスターキャストによる吹替版を収録。

※オリジナルフィルムの状態により一部お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がございます。
※日本語吹替音声は現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

収録特典

103分 片面1層 カラー
1.英語・仏語・独語モノラル
(オリジナル版)
2.英語モノラル
(英語吹替版、ハイブリッド)
3.日本語 モノラル
1.日本語(オリジナル版用)字幕
2.日本語(英語吹替版用)字幕

シネマスコープ・サイズ

●プロダクション・ノート
●スタッフ&キャスト プロフィール
●フィルモ・グラフィー
●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント