スパルタ総攻撃
The 300 Spartans

本場ギリシャで再現されたペルシャ戦争絵巻
ハリウッド史劇の底力を示す大スペクタクル!

映画の言葉“勝って帰るか死んで運ばれるか”

FOX1961年度作品 /  

キャスト&スタッフ

レオニダス…リチャード・イーガン
テミストクレス…ラルフ・リチャードソン
エラス…ダイアン・ベイカー
フィロン…バリー・コー
クセルクセス:デイビッド・ファーラー

監督・製作:ルドルフ・マテ
製作・脚本:ジョージ・セント・ジョージ
撮影:ジェフリー・アンスワース
音楽:マノス・ハジダキス

●字幕翻訳:田中武人

ストーリー

ペルシャ戦争の英雄スパルタ王レオニダスが、テルモピュライの戦いで繰り広げた壮絶な戦いを描いた史劇大作。紀元前5世紀、クセルクセス1世率いるアケメネス朝ペルシャの大軍がギリシャへ侵攻した。独立した都市国家が乱立していたギリシア側は、アテナイの執政官テミストクレスの呼びかけで連合軍を結成。
スパルタ王レオニダスはギリシャを守るためアテナイとの連合を約束するが、スパルタの評議会は、祭が終わるまで出征を待つよう決議する。レオニダスは仕方なく親衛隊300人のみを連れて出撃。レオニダスはテルモピュライで2万を越すペルシャ軍を相手に勇猛果敢に戦い、ペルシャ王クセルクセス1世が一旦は退却を決意するまで追い詰める。が、ギリシャ側の裏切り者の密告でペルシャ軍はレオニダスの背後を突くことに成功。アテナイとの約束を重んじるレオニダスは退却せず、スパルタ軍は完全に包囲されてしまう……。

ポイント

●英雄レオニダスを演じるのは『ディミトリアスと闘士』(54)、『やさしく愛して』(56)のリチャード・イーガン。アテナイの執政官テミストクレスに『栄光への脱出』(60)、『空軍大戦略』(69)などのイギリスの名優ラルフ・リチャードソン。

収録特典

114分 片面2層 カラー
1.英語 モノラル
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント