大陸横断超特急
Silver Streak

LA→シカゴを突っ走る列車内で殺人事件発生!
ヒッチコックを超えた(?)サスペンスと笑いの娯楽超特急、発車しま〜す!

映画の言葉“人生は短いんだ 利口な人間なら危ない橋を渡ることはあるまい”

FOX1976年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ジョージ・コールドウェル…ジーン・ワイルダー(広川太一郎)
ヒリー・バーンズ…ジル・クレイバーグ(小原乃梨子)
グローバー…リチャード・プライアー(坂口芳貞)
ボブ・スイート…ネッド・ビーティ(神山卓三)
チョンシー…クリフトン・ジェームズ(滝口順平)
ロジャー・デブロー…パトリック・マクグーハン(土屋嘉雄)

監督:アーサー・ヒラー
製作:トーマス・L・ミラー/エドワード・ミルキス
脚本:コリン・ヒギンズ
音楽:ヘンリー・マンシーニ

●字幕翻訳:岡枝慎二 ●吹替翻訳:大野隆一

ストーリー

ロサンゼルスからシカゴへ向かう大陸横断特急シルバーストリーク号へ乗り込んだジョージ。幸運にも隣室の美女ヒリーとねんごろになるが、偶然窓の外にヒリーのボスである教授の死体を発見! 真相を確かめようとしたジョージは、謎のた大男に列車から放り出されてしまう。たどり着いた農場で飛行機に乗せてもらい列車に追いついたものの、同乗していたFBI職員が殺されジョージは犯人と間違われる。必死で追っ手を倒したのも束の間、またも列車から落ちてしまったジョージは、車泥棒のグローバーと共に道路を疾走し列車を追うが、FBIに捕まってしまう。FBIが追っていたのは教授が秘蔵するレンブラント文書を狙っている国際的絵画偽造団の首領デブロー、ヒリーはデブローに脅されていたのだ。FBIが列車を緊急停車させ、デブロー一味を逮捕しようとするが、デブローはライフルで反撃を開始。銃撃戦の間に乗客を降ろした列車が動き始めた。ジョージはデブローを倒すが、列車は暴走を始める。このままではシカゴ駅に激突するのは避けられない。果たしてジョージとヒリーの運命は……!?

ポイント

●広川太一郎の日本語吹替音声を収録。
●監督は『ある愛の詩』(アカデミー監督賞候補)、『ラ・マンチャの男』など、ラブロマンスからコメディ、ミュージカルまでバラエティ豊かな娯楽映画を放った職人監督アーサー・ヒラー。
●ヒッチコックの名作『北北西に進路を取れ』を下敷きに見事なアクション・サスペンス・コメディ脚本を書き上げたのは『ファール・プレイ』『9時から5時まで』のコリン・ヒギンズ。
●主演のジーン・ワイルダーは『プロデューサーズ』でアカデミー助演賞候補となり、脚本も担当した『ヤング・フランケンシュタイン』が大ヒット、『新シャーロック・ホームズ/おかしな弟の大冒険』からは監督業にも乗り出した才人コメディアン。
●謎の美女ヒリーを演じて魅力を振りまくのは、本作の直後『結婚ゲーム』『結婚しない女』で2年連続アカデミー主演女優賞候補になるジル・クレイバーグ。

※日本語吹替版音声は、現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。また、本作品の吹替音声の一部に不適切と思われる表現が含まれるため、その箇所は信号音で処理しています。言い換えた台詞は字幕でご覧いただけます。予めご了承ください。

収録特典

114分 片面2層 カラー
1.英語 ステレオ
2.日本語モノラル
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●オリジナル劇場予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント