デッドマン・ウォーキング
Dead Man Walking

ショーン・ペン×スーザン・サランドン主演。
彼女の「透明な愛」は、彼の「凶暴な魂」を救済した。
全世界で惜しみない賞賛を受けた衝撃の感動作。

映画の言葉“あなたは、これで人間の誇りを持って死ねる”

MGM1995年度作品 /  

キャスト&スタッフ

シスター・ヘレン・プレイジョーン…スーザン・サランドン
マシュー・ポンスレット…ショーン・ペン
ヒルトン・バーバー…ロバート・プロスキー
アール・デラクロワ…レイモンド・J・バリー
クライド・パーシー…R・リー・アーメイ

監督・脚本:ティム・ロビンス
製作:ジョン・キリック/ティム・ロビンス/ラッド・シモンズ
原作:シスター・ヘレン・プレイジョーン,C.S.J.
製作総指揮:ティム・ビヴァン/エリック・フェルナー

●字幕翻訳:戸田奈津子

ストーリー

カトリックのシスター、ヘレン・プレイジョーンは、ある死刑囚から文通相手になってほしいと依頼される。囚人の名はマシュー・ポンスレット。10代のカップルを惨殺した容疑で死刑を求刑されていた。ヘレンは文通を始め、面会を重ねるうちに、死に怯えて反抗しながらもなお無実を主張する男に心を突き動かされるようになる。事件の遺族や刑務官たちとの出会いは、ヘレンの当惑をさらに深めた。彼女は自問する。目の前のこの男が本当に殺人を犯したのだろうか。そして、死刑という暴力を繰り返すことで何を得られるのか、と。それは自らの信仰の試練でもあった……。

ポイント

●実際に何人もの死刑囚に精神アドバイザーとして付き添ったシスター・ヘレン・プレイジョーンによる同名著書の映画化。
●シスターを熱演したスーザン・サランドンがアカデミー(R)主演女優賞を受賞。
●様々な感情に揺れ動く死刑囚役のショーン・ペンの演技にも世界中から賞賛が贈られ、ベルリン国際映画祭主演男優賞をはじめ、数々の賞を受賞している。
●『ショーシャンクの空に』『ミスティック・リバー』のオスカー俳優ティム・ロビンスが監督としてメガホンをとり、本作でアカデミー(R)監督賞にノミネートされた。

※オリジナルフィルムの状態により一部お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がございます。

収録特典

123分 片面1層 カラー
1.英語 ステレオ
2.日本語 ステレオ
1.日本語字幕

ビスタ・サイズ

●キャスト/スタッフメニュー(静止画)
●オリジナル予告編(字幕なし)
●日本版予告編

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント