カポーティ
Capote

第78回アカデミー賞主演男優賞受賞!
天才作家トルーマン・カポーティ――。
最高傑作『冷血』誕生の陰に隠された真実を描く衝撃作!

映画の言葉“他人に誤解されながら生きていくのは辛い”

MGM2005年度作品 /  

キャスト&スタッフ

トルーマン・カポーティ…フィリップ・シーモア・ホフマン(村治 学)
ネル・ハーパー・リー…キャサリン・キーナー(塩田朋子)
ペリー・スミス…クリフトン・コリンズJr.(桐本琢也)
アルヴィン・デューイ…クリス・クーパー(原 康義)

監督:ベネット・ミラー
脚本:ダン・ファターマン
原作:ジェラルド・クラーク
●字幕翻訳・吹替翻訳:松崎広幸

ストーリー

1959年、カンザスの田舎町で一家4人が惨殺される事件が発生。作家トルーマン・カポーティは、事件にかつてない好奇心をそそられ、死刑判決を受けた被告人ペリー・スミスに近づく。6年間に及ぶペリーへの取材を経て、カポーティは衝撃の作品を描き上げた。その名は――「冷血」。しかしその後、彼は一冊の本も完成させることはなかった……。

ポイント

●『ティファニーで朝食を』の原作者、トルーマン・カポーティ。彼の苦悩と葛藤を、フィリップ・シーモア・ホフマンが迫真の演技でみせ見事アカデミー賞を受賞した秀作。
●第78回アカデミー賞主演男優賞受賞!
●アカデミー賞主要4部門ノミネート(作品賞/監督賞/助演女優賞/脚色賞)

収録特典

114分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

シネマスコープ・サイズ

●フィリップ・シーモア・ホフマンとベネット・ミラー監督による音声解説
●メイキング・ドキュメンタリー集
 ・トルーマン・カポーティ叶えられた祈り
 ・『カポーティ』メイキング -PartI 構想から脚本へ
 ・『カポーティ』メイキング -PartII スタイルの決定
●オリジナル劇場予告編集

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント