マイ・ボディガード
My Bodyguard

不良グループに立ち向かう
いじめられっ子転校生と、心を病んだ大男
80年代ヤングスター総出演による学園青春ドラマの名作!

FOX1980年度作品 /  

キャスト&スタッフ

クリフォード…クリス・メイクピース
リンダーマン…アダム・ボールドウィン
ムーディ…マット・ディロン
ドブス…ジョン・ハウスマン
祖母…ルース・ゴードン
シェリー…ジョーン・キューザック
ロス…ディック・キューザック
ピーチ…マーティン・マル

監督:トニー・ビル
製作:ドン・デヴリン
製作総指揮:メルヴィン・サイモン
脚本:アラン・オームズビー
音楽:デイヴ・グルーシン
●字幕翻訳:飯嶋永昭

ストーリー

シカゴのハイスクールに転向してきたクリフォードは、ムーディが率いる不良少年グループのいじめの対象になってしまう。一計を案じたクリフォードは、しばらく休学していたために年上で身体も大柄なリンダーマンにボディガードになってくれるよう依頼する。リンダーマンは人を殺したと噂されていて、ムーディたちも近づかなくなる。クリフォードはリンダーマンが中古部品を集めてオートバイを作っているのを知り、部品集めを助けて2人の仲は急速に深まる。ところが、今度はムーディがボディガードのマイクを連れて現れ、力自慢のマイクはリンダーマンを倒すと彼のバイクを池に投げ込んでしまう。クリフォードは失望するが……。

ポイント

アメリカ・シカゴに暮らす高校生たちの悩み・苦しみ・いじめ・友情・ケンカなど、日本と変わらないハイスクール・ライフの光と影をみずみずしく描きだし、同世代の若者たちに圧倒的な支持を得た80'sを代表する青春映画。『アウトサイダー』のマット・ディロン、『フラッシュダンス』のジェニファー・ビールス、『フルメタル・ジャケット』のアダム・ボールドウィン、『スクール・オブ・ロック』のジョーン・キューザックら、後に人気作に出演することになるブレイク直前のヤング・スターたちが結集。『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』のルース・ゴードン、『ペーパー・チェイス』のジョン・ハウスマンとアカデミー賞俳優が脇を固め、俳優出身で『スティング』のプロデュースも務めたトニー・ビルが監督デビューとは思えない繊細で爽やかな演出を見せる。音楽は『卒業』『マイ・フレンド・フォーエバー』のデイヴ・グルーシン。アメリカのハイスクールの授業風景やランチタイムの様子などを覗けるのも楽しい。

●マット・ディロンは1978年の『レベルポイント』でデビュー、本作に続きフランシス・フォード・コッポラ監督の『アウトサイダー』『ランブルフィッシュ』(83)でも不良少年役を好演し、マーロン・ブランド、ジェームズ・ディーンの再来、当時話題となった“YAスター”の代表格となった。主な作品に『ドラッグストア・カウボーイ』(89)『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』(91)『誘う女』(95)『メリーに首ったけ』『ワイルドシングス』(95)『テイカーズ』(10)など。2005年の『クラッシュ』の警官役でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
●『フラッシュダンス』(83)で一世を風靡することになるジェニファー・ビールスが主人公のクラスメートとして映画デビューしている。
●「月刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載された高橋ヒロシによる人気漫画『クローズ』には「リンダマン」と呼ばれる寡黙だが最強の男「林田 恵」というキャラが登場する。

収録特典

97分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 1.0ch
1.日本語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント