ザルツブルグ・コネクション
Salzburg Connection, The

『バニシング・ポイント』のバリー・ニューマンが
ナチスの残した秘密文書をめぐって
オーストリア・ザルツブルグを突っ走る
戦慄のサスペンス・スパイ・アクション!

FOX1972年度作品 /  

キャスト&スタッフ

ビル・マシスン…バリー・ニューマン
アンナ・ブライアント…アンナ・カリーナ
ヨハン…クラウス・マリア・ブランダウアー
エリッサ・ラング…カレン・ジェンセン
ザウナー…ウォルフガング・プライス
アントン…ウド・キア

監督:リー・H・カッツィン
製作:インゴー・プレミンジャー
原作:ヘレン・マッキネス
脚本:オスカー・ミラード
撮影:ウォルフガング・トロイ

●字幕翻訳:清水俊二

ストーリー

冷戦時代、スパイ天国といわれたオーストリアの古都ザルツブルグ。湖の写真集を出版契約していた写真家リチャードが姿を消した。彼に会いに来たアメリカの弁護士マシスンは、リチャードの妻アンナから契約書を受け取るが、直後に何者かに尾行されていることに気づく。マシスンに近づいてきたアメリカの留学生エリッサは、実はソ連のスパイだった。アンナの弟のヨハンが事件の真相を知っていた。リチャードはザルツブルグ近郊の湖でナチの残した機密書類の入った箱を発見、ヨハンはイスラエルに書類を売ろうと考えていたのだ。リチャードは死体で発見された。リチャードは元イギリス情報部員だった。ナチの書類をめぐってアメリカ、イギリス、ソ連、中国、オーストリアなど各国のスパイが入り乱れて争奪戦となり、アンナは葬儀の直後に何者かに誘拐される。マシスンはアンナを取り返すべく車で犯人を追跡した……。

ポイント

●『バニシング・ポイント』でダッジ・チャレンジャーをぶっ飛ばしたバリー・ニューマンは、ここではBMWでカーチェイスを披露。本作と同年のイギリス映画『爆走!』でも冒頭にフォード・トリノで凄まじいカーチェイスシーンを見せる。まさに「ミスター・カーアクション」とでも呼ぶべき存在であった。近年も『デイライト』(96) 『イギリスから来た男』(99)などに渋いロマンスグレーで登場し、ファンを喜ばせた。
●製作のインゴー・プレミンジャーは名監督オットー・プレミンジャーの弟で、自身オーストリア出身でナチスを逃れてアメリカへ移住している。本作の直前に『M★A★S★H マッシュ』を製作した。
●ヌーヴェル・バーグの鬼才ジャン=リュック・ゴダール監督に見出され『女は女である』(61) 『女と男のいる舗道』(62) 『気狂いピエロ』(65)などで全世界の映画ファンの魅了したアンナ・カリーナは、ゴダールと結婚・離婚後、国際的に活躍。本作以前にも『怪奇と幻想の島〈TV〉』(68) 『アレキサンドリア物語』(69)の2本の20世紀フォックス作品に出演している。

収録特典

94分 片面1層 カラー
1.英語 モノラル
1.日本語字幕

スタンダード・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント