glee/グリー シーズン4 vol.11
glee Season4

離れていても、歌でつながってる

FOX2013年度作品 /  

キャスト&スタッフ

レイチェル…リー・ミッシェル(坂本真綾)
ウィル…マシュー・モリソン(森川智之)
フィン…コーリー・モンテース(小野大輔)
マーリー…メリッサ・ブノワ(Lynn)
ジェイク…ジェイコブ・アーティスト(竹内栄治)

製作総指揮:ライアン・マーフィー

●字幕翻訳:亀谷奈美/馬場亮子 ●吹替翻訳:野口尊子

ストーリー

■第21話「一歩を踏み出す勇気」
レイチェルは「ファニー・ガール」の最終候補者3名のうちの1人に選ばれ、ブリトニーはMITからオファーが来る。ウィルはエマに再プロポーズし州大会後に結婚することに。アーティはブルックリン映画学校から合格通知が届いたが、街を出るのをためらっていた。カートは父親の検査結果のため帰省し、メルセデスとマイクも州大会に向けてグリークラブを鍛えるため戻ってきた。メルセデスは1年かけて制作したCDのリリースを控えていたが、プロデューサーからの思わぬ要求に激怒する。

■第22話「幸せへ向かって」
竜巻を懸念し、州大会の開催地がマッキンリー校に変更された。今週の課題は“一か八か”。MITのキャンパス見学から戻ってきたブリトニーは全曲ソロじゃないと出ないといい、ライダーも“なりすまし”が名乗り出ない限り出場しないという。周囲の反対も聞かず、カートにプロポーズすることで頭がいっぱいのブレインは、指輪を買いに行った店で心強い味方に出会う。ブリトニーの様子がおかしいのを心配したサムはサンタナに助けを求める。そしていよいよ州大会が幕を開けた。

ポイント

●レイチェルはついにニューヨークへ! グリー部には新メンバーが大量加入で新たな展開に!
離れ離れになったフィン&レイチェル、カート&ブレイン、ブリトニー&サンタナのそれぞれの遠距離恋愛の行方は――?
そしてグリー部には新メンバーが大量加入でパワーアップ! のはずが、クセモノ揃いでトラブルの連続! どうなるグリー部!?
●ケイト・ハドソン、サラ・ジェシカ・パーカーがゲスト出演!
数話に渡って登場し、見事な歌と踊りを披露! さらに、シーズン3から引き続きウーピー・ゴールドバーグも出演!
●今回も充実の楽曲ラインナップ! さらに、伝説の「Don't Stop Believin'」が再び!
カーリー・レイ・ジェプセン(「コール・ミー・メイビー」)、PSY(「江南スタイル」)などの最新曲をはじめ、レディー・ガガ、ブリトニー・スピアーズ、コールドプレイなどのヒット曲、デヴィッド・ボウイ、クイーン、アバなど80年代の名曲、『レ・ミゼラブル』『ムーラン・ルージュ』などの名作ソングまで多彩な楽曲ラインナップ!
さらに、初期メンバーで歌われる「Don't Stop Believin'」には感涙間違いなし!
●「gleeプロジェクト」優勝の次世代スターが新入部員として登場!
●NHK総合テレビにて2013年7月24日からシーズン3が放映!
●早くもシーズン5が今秋USで放映開始予定! さらに6も製作決定!
●各ディスクに「ジューク・ボックス機能」付き! パフォーマンス・シーンだけを存分に堪能できる!
※一部「ジューク・ボックス」機能の対象楽曲でないものもございます。また、対象楽曲であっても権利の都合上、字幕が無い楽曲も含まれますので予めご了承下さい。

収録特典

88分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

●ジューク・ボックス

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント