バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 SEASON6 vol.4
Burn Notice Season6

ついにCIAに復帰したマイケル!
フィオナを失った最強チームの行方は? 黒幕との決着の時が迫る!

FOX2012年度作品 /  

キャスト&スタッフ

マイケル・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン(栗田貫一)
フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー(雨蘭咲木子)
サム・アックス…ブルース・キャンベル(江原正士)
マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス(谷 育子)

製作総指揮:マット・ニックス

●字幕翻訳:田村紀子
●吹替翻訳:笹部祐三子/大森久美子
●吹替脚色:福田雄一

ストーリー

■第7話「再会と別れ」
フィオナとの再会を喜ぶ一方で、マイケルは深い悲しみに沈んでいた。サムは、恋人のエルサに頼まれ、ダイヤのブレスレットを無断で持ち出した彼女の息子エヴァンをジェシーと共に訪ねる。そこへエヴァンが借金している男モリスがやってきて、トラックを盗むようエヴァンを脅す。エヴァンは苦し紛れにサムたちが仲間で一緒に盗むつもりだと出まかせを言い、サムとジェシーは仕方なく付き合うことになる。マイケルとフィオナは、誰がアンソンを狙っていたかをレベッカに聞くため彼女を必死に捜す。

■第8話「決死の駆け引き」
アンソン狙撃犯の情報を得るため、マイケルたちはFBIに協力することになる。ギャングのボス、クインの右腕ジミーからクインの居所を聞き出すのが任務だ。ジミーが逮捕されパトカーに先に乗っていたマイケルは、クインを密告した証人の居場所を知っているとジミーに話しかける。フィオナの助けでパトカーからの逃亡に成功しジミーから信頼されたマイケルは、クインの所まで案内されることになる。ところが慎重なジミーに着替えろと言われ、ベルトにつけていた盗聴器が使えなくなってしまう。

ポイント

●シーズン5で、爆破の実行犯として自首して逮捕されたフィオナ。マイケルは、母のマデリンや弟のテイトまで作戦に巻き込んで、サムと共にフィオナを刑務所から救うべく奔走する。スパイアクションがさらにパワーアップして、マイケル・ウェステインが戻ってきた!
●前半は、フィオナが女子刑務所で命を狙われるストーリーが展開し、物語をさらに面白くしている。刑務所に登場するワケアリの女囚たちのスリルたっぷりのストーリーは、まさにプリズン・ブレイク女性版ともいうべき面白さ!
●さらにバーン・ノーティスファン必見! シリーズ最大の衝撃の展開も! フィオナを救うためにある人物が犠牲になってしまう。
●主演のジェフリー・ドノヴァンが監督したエピソード(第2話)も登場!
●シーズン6のゲストは、「ターミネーター3」で女ターミネーター役を演じたクリスタナ・ローケン

収録特典

87分 片面1層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント