HOMELAND/ホームランド シーズン2 vol.6
Homeland

真実は闇に葬られ、新たな脅威が始まる…。

FOX2012年度作品 /  

キャスト&スタッフ

キャリー・マティソン…クレア・デインズ(岡 寛恵)
ニコラス・ブロディ…ダミアン・ルイス(郷田ほづみ)
ソール・ベレンソン…マンディ・パティンキン(小川真司)
ジェシカ・ブロディ…モリーナ・バッカリン(大坂史子)

製作総指揮:ハワード・ゴードン/アレックス・ガンサ

●字幕翻訳:小野郁子 ●吹替翻訳:宮川桜子

ストーリー

■第11話「決着」
アブ・ナジールから逃げ出したキャリーは、拉致されていた現場に再び戻り、姿を消したナジールを執拗に追いかける。そしてCIAに内通者がいるのではないかという疑念が増していく。ある陰謀の真相に迫ったソールは、アイリーンの自殺の件でポリグラフにかけられ策略にはまり退職を迫られる。ロイヤの尋問が始まり、彼女の素顔と強い信念が明らかになる。一方、ブロディの家族は、気持ちがバラバラになっていた。危険が去って自宅に戻ることになるが、もはやそこはブロディの居場所ではなかった。

■第12話「選択」
キャリーとブロディは再び別荘を訪れるが、二人は遠くから付け狙われていた。思い出の別荘でこれからの事を話す二人だが、仕事への思いを断ち切れないキャリーは、深く思い悩む。ブロディは、マイクに会って家族の面倒をこれからも見て欲しいと告げる。ピーターは、ある重大な決定を下さなければならない局面に来ていた。そして、重要な二人の人物の死を送りだす会が開かれる中、想像を絶するような事件が発生し、キャリーとブロディの運命は、劇的な展開を迎えるのだった……。

ポイント

●TVシリーズの歴史でこれほどクオリティが高く、なおかつ視聴者を釘付けにしたドラマがあっただろうか!
批評家から絶賛され、各賞を総ナメした本年の最高の話題作、早くもシーズン2が登場!
●主演二人の演技はまさにゴールデングローブ賞W受賞に値する素晴らしさ!! 観る者を画面から放さなくなる迫力。
●ストーリーはさらに濃密になり、そしてテンポよい展開で、ますます眠れない。
・緊迫感ある追跡劇や、爆破シーンなどよりアクション色が強くなってくる。
・新キャスト ピーター・クインの登場により、「24」のように、ストーリーは何が起こるか先が読めない展開になっていく。
・お互いを傷つけながらも、惹かれ合う二人の愛情のドラマがより濃密になってくる。
・ブロディの家族のドラマからも目が離せない。
 *妻のジェシカと親友マイクの不倫の行方。
 *デイナが新しいボーイフレンドと事件に巻き込まれる。

収録特典

119分 片面2層 カラー
1.英語 ドルビーデジタル 5.1ch
2.日本語 ドルビーデジタル 5.1ch
1.日本語字幕
2.英語字幕

ビスタ・サイズ

なし

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント